広島・丸が社会人相手に3試合連発 CSへ仕上がりは順調

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/16
No image

1回広島無死一、二塁、中越えに3試合連続となる先制3ランを放つ丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「練習試合、広島8-0JFE西日本」(13日、マツダスタジアム)

広島・丸佳浩外野手が3試合連発となる本塁打を放った。

初回無死一、二塁。カウント1-1からの3球目、甘く入った直球を逃さず捉えた。高々と舞い上がった打球はバックスクリーンへ。特大の3ランで先制点を奪った。11日のJR西日本戦、12日の三菱重工広島戦でも本塁打を放っており、短期決戦に向けて仕上がりの良さを示した。

丸は「しっかりセンター中心に打てたので良かったです。その(調整がうまくいっている)答えがでるのはCSが終わってからなので、まだなんとも言えない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
ソフトバンク・守護神サファテ、最後は“ご褒美”の胴上げ登板「これ以上ない感情」
増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」
【衆院選】菅直人氏に敗れ、落選が決まった東京18区・土屋正忠氏 「途中で風、変わった」「勝負勘が鈍った」
ロッテ戦力外の田中英祐、京大野球部OBの悲願だった「プロ野球選手の輩出」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加