最新ランキングをチェックしよう
150年ぶりに発見されたエイリアンじみた植物「ティスミア・ネプトゥニス」(マレーシア)

150年ぶりに発見されたエイリアンじみた植物「ティスミア・ネプトゥニス」(マレーシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/03/13

1866年、イタリアの博物学者オドアルド・ベッカーリは、不思議な姿をした植物をマレーシアの熱帯雨林で発見した。
 球形のランタンのような姿で、3本のアンテナ状の枝と白い幹を持つ。興味を引かれたベッカーリは、後年ノートの中にティスミア・ネプトゥニス(Thismia neptunis)を描き、それを数年間保管した。1878年の記述が当時、植物の唯一の記録であることなどつゆも知らずに。
 そして150年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方が廃業へ 相撲協会の「締め出し」に新団体設立で対抗か
映画『るろうに剣心』続編のキャストが大幅変更か
中国人観光客のトラブル放送番組に中国が猛抗議
King&Prince、仙台駅にファン殺到で新幹線遅延!? 「窓を叩く」「駅員に反抗」の危ない暴走
武井咲まで餌食に...「オスカー女優のお尻」が次々狙われている!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加