最新ランキングをチェックしよう
150年ぶりに発見されたエイリアンじみた植物「ティスミア・ネプトゥニス」(マレーシア)

150年ぶりに発見されたエイリアンじみた植物「ティスミア・ネプトゥニス」(マレーシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/03/13

1866年、イタリアの博物学者オドアルド・ベッカーリは、不思議な姿をした植物をマレーシアの熱帯雨林で発見した。
 球形のランタンのような姿で、3本のアンテナ状の枝と白い幹を持つ。興味を引かれたベッカーリは、後年ノートの中にティスミア・ネプトゥニス(Thismia neptunis)を描き、それを数年間保管した。1878年の記述が当時、植物の唯一の記録であることなどつゆも知らずに。
 そして150年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
歴代美女をスルー?玉木宏、木南晴夏との結婚で好感度が爆上げした理由
米モンタナ州で射殺された謎の短足獣 DNA解析で正体判明
長友「金髪化」にNHK、まさかすぎる対応! フリップに視聴者爆笑「無理やりすぎる」
鈴木奈々に夫婦の危機!? 週に5回加藤茶の自宅に通っていることが判明
人気ユニット「恵比寿マスカッツ」のメンバーがクロちゃんと交際?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加