双日、中国ジーリーの輸入販売店をフィリピンに設立

双日、中国ジーリーの輸入販売店をフィリピンに設立

  • レスポンス
  • 更新日:2019/07/09
No image

中国・杭州で行われた販売代理店契約調印式

双日は7月8日、フィリピンにおける中国「吉利(ジーリー)」ブランド車の販売代理店権を取得し、輸入販売店「双日ジーオートフィリピン(SGAP)」を双日100%出資で設立したと発表した。

吉利汽車は中国最大の民間自動車メーカーで、親会社である吉利集団は近年、スウェーデン「ボルボ」、英国「ロンドンタクシー」「ロータス」を買収。さらにマレーシア最大の自動車メーカー「プロトン」の株式を取得、昨年には「メルセデス・ベンツ」を傘下に持つダイムラーの筆頭株主となったほか、ボルボ・カーズと共同で新ブランド「Lynk & Co」を設立。これら海外ブランドとの協業による高い技術力、生産技術などを活かし、海外にも積極的に展開している。

双日は1960年代以降、フィリピンの自動車産業に従事し、同国における自動車販売の経験や販売金融の知見を蓄積、また世界中で自動車販売代理店の事業を運営している。同社は新会社を通じて、モータリゼーションが進行するフィリピン市場にて「吉利(ジーリー)」ブランドの浸透を図っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マウスの2019年「訳ありセール」、液晶ディスプレイが激安
ゆうちょとかんぽ、不適切販売でいよいよバレる「ヤバすぎる問題」
東国原 吉本興業問題「隠蔽や恫喝・パワハラ等が存在するなら由々しき事態」
「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第5回】静岡・見附宿⇒ 神奈川・箱根宿「箱根の山は、今も天下の嶮」
「吉本が国費100億で教育進出」4月の記事に「ありえない」と急炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加