【全米映画ランキング】「マイティ・ソー バトルロイヤル」V2 「オリエント急行殺人事件」は3位

【全米映画ランキング】「マイティ・ソー バトルロイヤル」V2 「オリエント急行殺人事件」は3位

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

V2を達成した「マイティ・ソー バトルロイヤル」 (C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

先週末の全米ボックスオフィスは、サンクスギビング向けに2本の大作が公開されたが、前週大ヒットデビューの「マイティ・ソー バトルロイヤル」が2週目ながら約5600万ドルの週末興収を記録し、V2を果たした。

同作の10日間の累計興収は約2億1160万ドル。あっさりと前2作のグロスを上回り、シリーズ最高記録を更新した。

オープニング興収約3000万ドルで2位デビューとなったのは、ウィル・フェレルマーク・ウォールバーグ共演で、実父VS継父の醜い争いをコミカルに描いたファミリーコメディ「パパVS新しいパパ」の続編「Daddy's Home 2」。今回は2人のそれぞれの父親としてメル・ギブソンジョン・リスゴーが参加し、サンクスギビング・ホリデーが滅茶苦茶になる。監督は前作同様ショーン・アンダースが担当。

2位と僅差のOP興収約2800万ドルで3位デビューとなったのは、アガサ・クリスティの同名傑作ミステリーを43年ぶりにオールスターキャストで映画化した「オリエント急行殺人事件」。ケネス・ブラナーが名探偵ポワロに扮し、乗客にはジョニー・デップミシェル・ファイファージュディ・デンチペネロペ・クルスウィレム・デフォーデレク・ジャコビに「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のデイジー・リドリーという布陣。ブラナーが監督も務めた。

その他10位には、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグの長編監督デビュー作「Lady Bird」が圏外26位からランクイン。ガーウィグの半自伝的青春物語を「つぐない」「ブルックリン」のシアーシャ・ローナン主演で映画化。批評家受けはすこぶる良く、本年度のアカデミー賞レースでも注目を集めそうだ。

今週末は、今年のサンクスギビングの大本命のDCスーパーヒーロー映画「ジャスティス・リーグ」が公開となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46 能條愛未、マクドナルド映画『ファウンダー』を語る!
「なぜ人はスパイになるのか」映画「密偵」が答えを熱く求める。舞台は1920年代、日本統治下の韓国
『アウトレイジ』に親子連れ多数!ジャ・ジャンクー創設の映画祭、会場作る本気ぶり(中国)
「ハイスクールD×D」スタッフ一新で4度目アニメ化!2018年放送決定
太賀&松岡茉優&鈴木伸之ら『桐島』“脇役”卒業生たちが、いまスゴイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加