立東舎文庫の手塚治虫フェア第3弾! 対象のエッセイ3冊を購入した方に専用の収納ケースをもれなくプレゼント!

立東舎文庫の手塚治虫フェア第3弾! 対象のエッセイ3冊を購入した方に専用の収納ケースをもれなくプレゼント!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/01/14
No image
No image

逝去されてから29年がたとうとする今も根強いファンの多い手塚治虫氏。そんな彼は生前にたくさんのエッセイを残している。その中には、彼の思考の核心に迫るものや彼の思考の根源となっている事柄を自ら語っているものが少なくない。立東舎文庫は手塚治虫が残した数々のエッセイの中から厳選して文庫本3巻分にまとめあげた。このうちのはじめの2巻『手塚治虫エッセイ集成 ルーツと音楽』、『手塚治虫エッセイ集成 ぼくの旅行記』(手塚治虫/リットーミュージック)が2017年12月20日に発売された。

『手塚治虫エッセイ集成 ルーツと音楽』では、手塚氏の作品に影響を与えた本や音楽、幼少時代の読書体験、読書術など、漫画家・手塚治虫を生み出すこととなったルーツが数多く記されている。また、『手塚治虫エッセイ集成 ぼくの旅行記』は、彼が足を運んだ外国の都市や辺境の様子が語られている「旅行記」だ。この「旅行記」の中にも、手塚漫画の創作の秘密に迫る彼自身の体験談が盛りだくさんだ。

第3巻『手塚治虫エッセイ集成 わが想い出の記』は2018年2月に刊行予定だ。これら3冊を購入した方にはもれなくこの3巻を収納する専用のケースがプレゼントされる。詳しい応募要項と宛先は以下をご覧いただきたい。また、公式サイトも開設されているのでそちらも要チェックだ。

■応募要項
フェア対象商品のオビに付いている「応募券」を3枚1口として「はがき」に貼り、必要事項(郵便番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレス)を明記。締め切りは2018年4月30日(月)*当日消印有効

■宛先
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
株式会社リットーミュージック「立東舎 手塚治虫フェア」係

彼の漫画の中に広がる独自の世界観を思い出しながら、全3巻のエッセイを読んでみてはいかがだろうか。今は亡き手塚治虫氏と心を通わせることのできる素敵な機会となることは間違いないだろう。

文=ムラカミ ハヤト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「金田一37歳の事件簿」Twitterで早くも実写化希望の声! 「堂本剛が現在38歳で丁度いい」
金田一“元少年”、中年になって復活! スピンオフではない「金田一37歳の事件簿」連載開始
「スイようび」の汐村友が贈るにゃんにゃんラブコメ「猫と仲良くなりたい」1巻
ケンコバが選ぶマンガ大賞に「約束のネバーランド」出水ぽすかが番組出演
青果市場で働く青年たちを描く、仲卸お仕事マンガ「八百森のエリー」1巻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加