ロッテ伊東監督「今年は粘りきれない」5位浮上逃す

ロッテ伊東監督「今年は粘りきれない」5位浮上逃す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

1回表西武2死、ロッテ先発の涌井は浅村の打球に反応するも中前打となる(撮影・小沢裕)

<ロッテ0-3西武>◇12日◇ZOZOマリン

ロッテはエース涌井秀章投手(31)が、背番号18を継承した西武多和田との投げ合いに敗れ、3カ月ぶりとなる同率5位浮上を逃した。

0-0の3回、金子侑に高め直球を右翼席へ運ばれた。0-1のまま進んだ8回は、2死一塁から、秋山に低めのフォークを21号2ランとされた。

涌井は報道陣に対応せず帰途に就いたが、伊東監督は「エースも我慢していたけど。今年は勝負どころでもろい。やられているケースが多い。あそこ(8回)も2死からで防げる1発。今年は粘りきれない」と苦言を呈した。

リードした田村龍弘捕手(23)は、6月30日以来となる先発バッテリーを涌井と組んだ。秋山の本塁打は、カウント1ボール2ストライクから、低めのボールゾーンに落ちるフォークボールをすくい上げられたものだった。

田村は「8回3失点は(数字だけ見れば)いいけど、秋山さんの本塁打は防げた。最悪一、二塁でよかった。一塁走者は(炭谷)銀仁朗さんで、走ってこない。ワンバウンドでよかった。ボール半個分でも1個分でも(さらに低く)しっかり投げさせればよかった。ボール球だったけれど、結果が本塁打では打者にとってボールじゃないかもしれない」と振り返った。

カウント的には、あと2球、ボール球が使える場面でもあった。「3-2にしてもいいという攻め方は、ワクさんも分かっていた。外角の真っすぐでも良かったかもしれない」。23歳の若き頭脳派捕手は、勝負が決まった1球について、投手ではなく、自らのリードを責めていた。【斎藤直樹】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
初星今度こそ!阪神・小野、12度目挑戦で連勝バトンつなぐ
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
パの上位争いに異変、楽天急失速、迫る西武...17年第21週投打5傑【パ編】
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加