雨のパレード、ニューアルバムより12月4日に「惑星STRaNdING(ft. Dos Monos)」先行配信決定

雨のパレード、ニューアルバムより12月4日に「惑星STRaNdING(ft. Dos Monos)」先行配信決定

  • OKMusic
  • 更新日:2019/11/24

雨のパレードが2020年1月22日にリリースするニューアルバム『BORDERLESS』より、Dos Monosとのコラボレーション楽曲「惑星STRaNdING (ft. Dos Monos)」を12月4日に先行配信リリースされることを発表した。

No image

雨のパレード (okmusic UP's)

雨のパレードが2020年1月22日にリリースするニューアルバム『BORDERLESS』より、Dos Monosとのコラボレーション楽曲「惑星STRaNdING (ft. Dos Monos)」を12月4日に先行配信リリースされることを発表した。

2019年に3人体制となってから初のオリジナルアルバムとなる本作は、過去も、ジャンルも、国境も、バンドの概念も、何もかもを越えていく決意が込められている。先日収録曲の情報が解禁され、オーバーグラウンドもアンダーグラウンドも自在に行き来する多種多様な楽曲が全11曲が収められることが発表されたが、そのラインナップの中でも特に異彩を放っているのが、LAのレーベルDeathbomb Arcと契約しワールドワイドに活躍するHIP HOPユニットDos Monosとのコラボレーション楽曲「惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)」。そんな本楽曲がアルバムから先行して12月4日に配信シングルとしてリリースされる。

「惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)」は大衆性・時代性へのアプローチと共に制作されたシングル「Ahead Ahead」「Summer Time Magic」「Story」から一転、雨のパレードの音楽的感受性の深淵やコアミュージックを惜しみなく表現。歪んだシンセサイザーによる変則的でサイケデリックなリフから始まるトラックは、雨のパレードによるトリップポップ、チルウェイブ、フューチャーベース等の世界的に隆盛するエレクトロミュージック的アプローチと、Dos Monosのトラックメーカー・荘子itによるヒップホップ的アプローチが高次元でコラボレートした一曲。ジャンルも音楽スタイルの概念をブッチ切るサウンドに仕上がっている。そこに “宇宙空間の孤独"と“繋がりへの淡い期待"を歌うリリックが載せられた様は、音楽的Science Fictionとも言うべき前衛的な必聴ナンバーだ。

そして、「惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)」が11月22日(金)16:30から20:00まで放送される、J-WAVE(81.3FM)のラジオ番組「GOLD RUSH」で独占先行初オンエアされることが決定した。配信リリースに先駆けて、ラジオ番組でぜひその音楽世界を体感してほしい。

■番組情報
J-WAVE(81.3FM)「GOLD RUSH」(毎週金曜16:30-20:00)
https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

配信シングル「惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)」

2019年12月4日(水) ダウンロード&ストリーミング配信開始

アルバム 『BORDERLESS』

2020年1月22日(水)発売

【通常盤】(CD)
VICL-65265/¥3,000+税
<収録曲>
1. BORDERLESS
2. Summer Time Magic
3. Story
4. Walk on
5. Trust
6. 惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)
7. Hallelujah!!
8. EXIT
9. Gullfoss
10. Material
11. Ahead Ahead (new mix)

【完全生産限定盤】(CD+BONUS CD+GOODS)
VIZL-1696/¥4,800+税
※GOODSに関しては後日発表
<収録曲>
■CD
1. BORDERLESS
2. Summer Time Magic
3. Story
4. Walk on
5. Trust
6. 惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)
7. Hallelujah!!
8. EXIT
9. Gullfoss
10. Material
11. Ahead Ahead (new mix)
■BONUS CD
LIVE ALBUM『Live at TOKYO-LIQUIDROOM 2019.4.24』
<収録内容>
2019年4月24日(水)に恵比寿・LIQUIDROOMで開催された雨のパレードが3人体制となって初のワンマンライブ「ame_no_parade RELEASE PARTY “Ahead Ahead”」がライブ音源化。『BORDERLESS』完全生産限定盤にボーナスCD『Live at TOKYO-LIQUIDROOM 2019.4.24』として同梱!雨のパレード第二章開幕を告げた象徴的なライブが音源化された、収録時間70分超え、全15曲が収められた貴重なライブアルバム。
1. Reason of black color
2. Tokyo
3. You
4. 1969
5. speech(interlude)
6. free
7. Hwyl
8. Noctiluca
9. /eɔː/
10. You & I
11. Take my hand
12. Shoes
13. new place
14. Count me out
15. Ahead Ahead

No image

(okmusic UP's)

No image

(okmusic UP's)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本彩、全編ロンドンで撮影した大木伸夫(ACIDMAN)プロデュース「TRUE BLUE」MV完成!今夜本人とともにプレミア公開 【映像あり】
米津玄師「Lemon」Billboard日米史上初の快挙達成<本人コメント>
米津玄師、ダウンロードランキング初の2年連続二冠!
仕上がりはあなた次第!? 可愛い「ソニーエンジェル」をペイントして楽しもう
人気踊り手・まなこ、ソロデビューアルバム発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加