西武鉄道が秩父の魅力をアピールするためのアニメ制作へ 制作はトムス・エンタテインメント

西武鉄道が秩父の魅力をアピールするためのアニメ制作へ 制作はトムス・エンタテインメント

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/11/21
No image

西武鉄道およびトムス・エンタテインメントは、西武鉄道および西武線沿線の代表的な観光地である「秩父エリア」の魅力を国内外へ広めるため、オリジナルアニメーションを制作すると発表しました。作品は約20分で、2018年3月に西武鉄道Webサイトにて公開される予定。

全席レストラン車両の「西武 旅するレストラン『52席の至福』」や、秩父観光エリアである「長瀞」「秩父神社」「羊山公園の芝桜」などを舞台にしたラブロマンス。監督は「ディーふらぐ!」「境界のRINNE」などを手掛けた菅原静貴さんが担当。

三峯神社の風景

お見合いをすることになった主人公・薫子が、幼い頃に秩父で出会った忘れられぬ少年を探す旅に出るというストーリー。秩父神社、羊山公園の芝桜、長瀞の渓流、三峯神社から見た雲海など、彼女の遠い日の思い出がステキな景色と共に映し出されていきます。

No image

52席の至福 旅するレストラン

作品は英語、フランス語、中国語(繁体字)による字幕版も制作し、世界へと発信していく予定。タイトルは後日発表するとしています。

監督:菅原静貴(「ディーふらぐ!」「境界のRINNE」)

脚本:岸本卓(「ハイキュー!」「僕だけがいない街」)

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

アニメーション本編映像:約20分全1話予定

放映期間:2018年3月予定

放映媒体:西武鉄道Webサイト(https://www.seiburailway.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAP映画に山内ケンジ監督起用で静岡県民が熱狂する理由
永尾まりやの濃厚ベッドシーンなど、迫力あるドラマ「不能犯」ダイジェスト映像公開!
ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、『スター・ウォーズ』復帰の重圧を語る
ディズニー、フォックスの映画・TV部門買収を正式発表――価格は524億ドル
【速報】バンクシーの正体、ついに判明!! 描き終えたばかりの姿がバッチリ激写される!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加