最新ランキングをチェックしよう
ついに小学生年代で球数制限。野球界の未来が変わる分岐点となるか

ついに小学生年代で球数制限。野球界の未来が変わる分岐点となるか

  • Sportiva
  • 更新日:2019/08/20

昨今、大船渡高校・佐々木朗希の「故障を防ぐため」の登板回避や、アメリカで導入されている投球制限ガイドライン「ピッチスマート」など、投手の投げすぎや夏場の連投にさまざまな意見が飛び交い、大きな注目が集まっている。マクドナルド・トーナメントの全国大会で出場全選手の肘・肩検診を実施 この動きに敏感に反応し、全国規模で対策を講じた団体がある。それが全日本軟式野球連盟で、小学生年代約12,000チームが加盟

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・原監督続投!山口オーナー明言「大変よくやってくれている」
メッセ感謝の涙、悔し涙 10年間の思い詰まった引退会見 29日ラス投へ
ドラゴンズ「10大どうでもいいニュース」2019秋
2年連続のセーブ王確定! DeNA、チームを支える山崎康晃の安定感
ドラフト1位競合は得策か? 過去5年で複数球団が競合した選手の今
  • このエントリーをはてなブックマークに追加