誠也、2戦連発も空砲 本拠地、不敗神話もストップ

誠也、2戦連発も空砲 本拠地、不敗神話もストップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

4回、先制2ランを放つ鈴木(撮影・吉澤敬太)

「広島2-9巨人」(11日、マツダスタジアム)

前夜のサヨナラ負けの悔しさを晴らすことはできなかったが、一矢報いた。鈴木が2試合連続となる先制の25号2ラン。“鯉キラー”田口に豪快な一発を浴びせ、4番としての意地を見せた。

四回1死二塁。「積極的にいけて良かったです。いい先制点になりました」。内角に構えていた巨人・小林のミットが、わずかに真ん中へ入った直後に快音を響かせた。直球をはじき返し、打球は高々と舞い上がる。左翼・亀井は一歩も白球を追わず、そのまま左翼席後方のコンコースに飛び込んだ。

主砲の一発をきっかけに打線が奮起するかと思われたが…。その後は左腕に抑え込まれ、追加点を奪えなかった。今季ここまで、鈴木が本拠地で本塁打を記録した9試合(計10本塁打)は9勝0敗だった。そんな不敗神話も止まってしまった。

夏の甲子園に出場している母校・二松学舎大付は、大会第6日(13日予定)第3試合に初戦を迎える。後輩に勇姿を届けるべく、鈴木は目の前の戦いを全力で戦い抜く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
サファテ3年連続40S 名球会入りまであと35
前橋育英・皆川149キロ 今大会最速に聖地沸いた
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加