退職を考えたきっかけ ベスト3は?

退職を考えたきっかけ ベスト3は?

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/12/01

退職を考えたきっかけは?――エン・ジャパンの調査によると、全年代共通で1位が「給与・待遇への不満」、2位が「仕事内容への不満」、3位が「成長実感が持てない」だった。

30代以下と40代以上で比較すると、30代以下では「給与・待遇への不満」「成長実感が持てない」「労働時間の増加」「他にやりたい仕事が見つかった」「結婚」などが40代以上よりも多かった。

No image

退職を考えるきっかけは?

反対に40代以上では「会社の業績悪化」「不本意な異動・転勤」などが30代以下よりも多く「年次が上がると希望退職の対象となったり、不本意な異動も増え、退職を決意する動機になる」(同社)ようだ。

具体的な理由としては、「給与・待遇への不満」と答えた人からは「入社2年目から給与が変わらず、制度上、昇給の見込みがなかった」(49歳女性)、「仕事量にも関係なく、深夜や早朝の出勤も多くても給与が変わらなかった」(38歳男性)などが挙がり、「仕事内容への不満」と答えた人からは「夜中に電話がきたり、お客様の都合で休日出勤しないといけない仕事だった」(25歳女性)などが挙がった。

9月1日〜10月2日にネットを使って調査し、転職サイト「エン転職」を利用する20〜50代の男女8925人が回答した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“タワーマンション課税”見直し案固まる
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
ダイヤの次に硬い「タングステン印鑑」パナソニックが12月発売 蛍光灯製造技術を応用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加