被告が裁判に出廷せず 保釈中の男が中国に出国

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12

覚醒剤取締法違反などの罪に問われていた男が水戸地裁で先週に開かれる予定だった裁判に出廷せず、出国していたことが分かりました。

東京・葛飾区の自営業・森本がんじよ被告(52)は去年、覚醒剤約2キロ、末端価格で1億4000万円相当を自宅で所持していたとして覚醒剤取締法違反などの罪に問われています。水戸地裁によりますと、森本被告は3月に保釈が決定されました。8月の論告求刑公判に出廷し、検察側は懲役10年を求刑していました。今月6日に判決公判が開かれる予定でしたが、森本被告は現れませんでした。茨城県警が調べたところ、森本被告は9月下旬に中国に出国していたということです。保釈保証金の600万円は没収されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ?駅の真ん中に設置されるホームドア
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
診察時の大腸がんの情報 担当医に伝わらず患者死亡
元若島津の二所ノ関親方 命別条なし 頭部緊急手術受けるも...
赤信号をわざと無視 時速100キロで事故 19歳少年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加