米国株見通し:OPEC総会控え模様眺めムードも

米国株見通し:OPEC総会控え模様眺めムードも

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/29
No image

株式会社フィスコ

S&P500先物 2205.25(+4.50) (18:45現在)
ナスダック100先物 4871.25(+10.25) (18:45現在)

18:45時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、MYダウは35ドル高程度を織り込んで推移しており、やや買い優勢の展開になりそうだ。欧州についても小幅ではあるが上昇して推移している。

市場の関心は30日のOPEC総会の行方であり、米株式市場でも結果を見極めたいとする模様眺めムードが強まりそうである。前日のNY原油先物は上昇をみせていたが、イラク石油相の発言を受けてOPEC総会での減産正式合意へ楽観的見方が強まったとみられる。とはいえ、これまでのハシゴを外されてきたほか、OPEC総会を控え買いポジションが膨らんでいるとの見方もあるなか、警戒感が強まる可能性はある。

その他、GDP改定値(7-9月)、消費者信頼感指数(11月)の発表が予定されている。GDP改定値は、速報値の前期比年率+2.9%に対し+3.0%と予想されている。3%台の成長率となれば2014年7-9月期以来となり、12月利上げを後押しすることになりそうだ。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
人類はどのようにして人口72億人に増えていったのか?10万年前から現在までの人口増加がわかる世界地図シミュレーション映像
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加