135kgから1年半で60kgダイエット!産後太りを解決した減量法とは

135kgから1年半で60kgダイエット!産後太りを解決した減量法とは

  • しらべぇ
  • 更新日:2016/10/20

「歴史は繰り返す」とは古代ローマの歴史家クルティウス・ルフスがのこした言葉だ。これは「ダイエット」にも当てはまる。新たな減量方法が登場しては消え、再ブーム到来を繰り返す。

「結局のところ一番効果的なダイエット方法は何なの?」体重に悩む人が一番気になるのはソコだ。

いま、とてもシンプルなダイエット方法で減量し、驚異の変貌を遂げた女性が海外で話題となっている。

■産後太りに立ち向かった3つのルール

23歳のナタリー・バーティナさんは、オーストラリアのビクトリア州に住むシングルマザー。

20歳のときに妊娠して長男を出産したころから体重が右肩上がりで増加し、気づけば135kgになっていた。

No image

※画像はdailymail.co.ukのスクリーンショット

じつは、オーストラリアも世界では屈指の肥満大国で、国民の4分の1が肥満と調査結果が出ているほど。

ナタリーさんは歯科助手として働きながらひとりで子育てしていたため、溜まっていくストレスのはけ口として、日常的に暴飲暴食を繰り返してしまった。

「鏡に映る太った自分がとても恥ずかしかったの。見ていられなかったわ」

危機感を抱いたナタリーさんは、かつての自分を取り戻すためダイエットを決意。

そこで絶対に守るべき3つの決まりごとを作った。

(1)毎日、近所の湖の周りを2kmウォーキング

(2)ジュースを飲まない

(3)食生活改善

テレビや雑誌で特集されるような「〇〇ダイエット」ではなく、ナタリーさんの実践したダイエットはいたってシンプル。

しかし、生活習慣を改めることで、彼女に奇跡が起きた!

■子育てとダイエットを両立

体重が増加したことで、なにをしてもすぐに息が切れるようになってしまったナタリーさんは、まずウォーキングから開始。

幼い息子のレイトン君をベビーカーに乗せて、毎日、近所の湖を1周することで、2kmの距離をウォーキング。

毎日ガブ飲みしていたジュースをいっさい禁止して、めったに口にすることのなかった水を飲むよう心がけた。

「以前は食生活のことなんか全く気にしていませんでした。ダイエットを始めてからは、野菜、果物、お肉だけしか口にしていません」

ダイエット方法はシンプルだけど、ストイックに続けたことで、ナタリーさんの体重はみるみる落ちて、1年半で60kgも減量成功!

まるで別人のように生まれ変わったナタリーさんがこちら。

No image

※画像はdailymail.co.ukのスクリーンショット

過去の写真を並べられても、同一人物だとは思えないほど。

ナタリーさんに「よくがんばった!」「なんてセクシーに生まれ変わったんだ!」など賞賛の声も多数。

ダイエットを成功させるコツについて聞かれたナタリーさんは、こう答えた。

「とにかく絶対に痩せるって決意することが大切ね。テンション上がるから。今の私は、運動することが一番のストレス発散なの。私にとってはセラピーみたいなものよ」

・あわせて読みたい→ほんとうにあった医療ミステリー! 謎の肺炎の原因は...

(文/しらべぇ編集部・狐月ロボ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
マジ!? 風邪をひきやすいのは●●しやすい人!!
【泥酔注意】酔い潰れた男性が目覚めたら「死体安置所」に入れられていたでござる
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
大人気で完売していた《ニットクラッチバッグ》を再入荷でGET♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加