3つのデバイスを同時充電!スマートなワイヤレス充電パッド vol.91

3つのデバイスを同時充電!スマートなワイヤレス充電パッド vol.91

  • SPUR
  • 更新日:2019/09/23

前々回の連載記事でクラウドファンディングで買ったモノについて書いたのですが、「全然届かない〜!」と嘆いていたもののうち、ひとつがようやく届きました。それがコチラ。「Slide Charge Pro」というワイヤレス充電パッドです。

No image

家電量販店などで見かける多くのワイヤレス充電パッドは、ひとつのデバイスしか充電できないものが多いのです。普段から少なくともスマホ2台、Apple Watch、イヤホンのAirPodsを持ち歩いている私としては物足りないこともあって、あまり興味を惹かれる存在ではありませんでした。

が、このSlice Charge Proはなんと3つのデバイスを同時に充電することができる……!帰宅したらこんな感じで、ポイポイポイっとSlice Charge Proの上に置いておくだけで、充電ができてしまうのです。これは楽ちん。

No image

このSlice Charge Pro、シルバーの輪っかのようなものが見える右端がApple Watchの専用充電エリア、中心から左端までがワイヤレス充電のエリア。

No image

Apple Watchの充電エリアは、スタンドのように立ち上げられるようになっていて、ミラネーゼループやスポーツバンドのようなループ状のバンドや、Apple Watch Hermèsの二重巻きのバンドをつかっているときに便利だし、見た目もスマートです。

No image

それ以外のバンドを使っている時は、スタンドを寝かせてフラットな状態で使うことも可能。

No image

普段はAirPods、iPhone、Apple Watchの3台を並べて使っていますが、ワイヤレス充電の規格である「Qi(チー)」に対応していれれば、どんなデバイスでも充電できます。もちろん発売されたばかりの、iPhone 11/11 Proにも対応。

No image

とても便利なワイヤレス充電パッドなのですが、充電スピードに関してはケーブルに繋いで充電をする場合よりも若干時間がかかるので、急いでいる時はケーブルで充電するのがおススメ。私はクラウドファンディングで購入しましたが、今は公式ウェブサイトから購入ができるようです(しかも今なら15%オフ!)。カラーはホワイトの他に、グレー、ネイビーもあります。

しかし、Slice Charge Proを使うようになったことでデバイスたちの“居場所”が定まり、お出かけ前に「あれ〜?AirPodsどこ行った!?」なんて探し回ることも減りました。モノの居場所を作っておくの、大事ですね。

……ところで、今回の記事の写真は全て、発売されたばかりのiPhone 11 Proで撮影してみました(色味はアプリ「VSCO」で編集しています)。次回はiPhone 11/11 Proについて詳しくレビューしてみたいと思っています!お楽しみに〜。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
古いMacもセカンドディスプレイ化してしまうLuna Display
メッシュアルミで熱こもらないiPhone向け高放熱ケース
Apple TV 4KはLightningポートを内蔵していた
OPPO、Reno AがいきなりランキングTOP3入り! スマートフォン売れ筋ランキングTOP10
2020年のiPhoneは4モデル発売、モーションコントロール搭載との予測
  • このエントリーをはてなブックマークに追加