コールマン製キャリーバッグ「機内持ち込みサイズ」よりデカかった!

コールマン製キャリーバッグ「機内持ち込みサイズ」よりデカかった!

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/12/07
No image

コールマンのキャリーバッグでリコール

アウトドア用品ブランド、コールマンは2017年に新発売したキャリーバッグが、表記と異なり、航空機内に持ち込めるサイズより大きかったとして回収・交換を呼びかけている。

リコールの対象となるのは、コールマンが今年発売したキャリーバッグ「X-TORAGE(エクストレージ)SM」の黒とグレーの2色(商品番号2000031216と2000031217)。下げ札には「航空機内へ持ち込みできる」と書かれていたが、実際には機内持ち込みサイズを上回っていた。

機内に持ち込めるサイズは、国内線の場合は飛行機の座席数によって多少異なるが、一般的には3辺の長さの合計が115センチ以内、それぞれ縦55センチ、横40センチ、奥行き25センチ以内で、総重量が10キロ以内と決められている。

コールマンでは今年3月末からリコールを呼びかけているが、年末年始の帰省シーズンを前に、改めて注意を喚起している。

該当商品は全て回収・返金するか、正しいサイズの製品と交換するという。

【この件に関する問い合わせ先】

コールマンジャパン カスタマーサービス

フリーコール:0120-111-957

受付時間:平日午前10時〜午後5時半

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【アクアライン20年の足跡】(下)「なんとしても通行料800円継続」森田健作知事が表明
正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も
「エージェントは企業と求職者の可能性を切り開く架け橋になれる」 アールストーン・小須賀陶子さんが大賞とオーディエンス賞の2冠
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
ジリ貧のコンビニ業界が、手遅れになる前に始めた新たなサービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加