和田アキ子にTBSから手切れ金?不自然なレコード大賞”特別賞”に非難轟々

和田アキ子にTBSから手切れ金?不自然なレコード大賞”特別賞”に非難轟々

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2017/11/18
No image

和田アキ子にTBSから手切れ金?不自然なレコード大賞”特別賞”に非難轟々(写真はイメージです)

歌手の和田アキ子(67)が16日、「第59回・輝く!日本レコード大賞」の特別賞に選ばれ波紋を呼んでいる。和田は作詞家の阿久悠、来年8月で引退する安室奈美恵、荻野目洋子&大阪府立登美丘高校ダンス部、ゆずらともに受賞した。一方、同日に発表された「第68回・NHK紅白歌合戦」の出場者リストにその名はなく、1日にして天国と地獄を味わった格好だ。

「和田が世間のパッシングにもめげず、紅白歌合戦に強いこだわりを見せていたのは”出場記録”のためでしたが、2年連続で落選が決定するなど、NHKからすればもはや完全に蚊帳の外。しかし、今年、デビュー50周年を迎えた和田だけに何としても目に見える”勲章”が欲しかった。それだけに”業界の力学”によって忖度されやすいレコード大賞の特別賞受賞に狙いを定めたのかもしれません」(週刊誌記者)

しかし、世間ではこの和田のレコ大特別賞の受賞にも大ブーイングが発生している。というのも、いくら和田サイドが”歌手”としての実績を強調しようとも、その内実はまったく追いついていないからだ。和田は現在、特設サイトや記念アルバムの連続発売、コンサートツアーなどで”歌手デビュー50周年”を大々的にアピールしているが、まったく話題にもなっていない状況だ。

「『あなたが選ぶ和田アキ子ベストアルバム』として10月25日に発売された記念アルバムは、週間売り上げランキングでは200位にも届かない惨状。NHKホールで50周年記念コンサートも開催するものの、チケットは完売にほど遠い状況。そうした和田に対し、業界内外から『なぜ和田が特別賞なんだ?』『昨年のLDHのレコ大買収を思い出す』など批判の声が飛び交っています」(前出・記者)

そうした批判にも関わらず、なぜ和田が”レコ大特別賞”を受賞できたのか。今回の不自然な受賞にはレコード大賞を後援するTBSの思惑が見え隠れしていると指摘する声もある。「TBS系列の長寿番組『アッコにおまかせ!』の打ち切り問題と無関係ではない」と語るのはテレビ局関係者だ。

「TBS内部では長い間、『アッコにおまかせ!』をいつ終わらせるかが重要課題でした。マンネリ化が著しく、現場スタッフと和田の関係も年々悪化するばかり。日曜昼という時間帯にも関わらず視聴率は低迷して、今後の伸びしろもない。そんな中、NHKが2年連続で紅白落選を決めたことで、実質的に”歌手・和田アキ子”は終わったも同然の状態になった。TBSとしてはこの機に乗じてレコード大賞の特別賞を手切れ金、退職金代わりにして、『アッコにおまかせ!』の早期幕引きを図りたい考えのようです」

芸能界に長らくご意見番として君臨してきた和田アキ子。歌手としての需要のなさが冠番組の終了を招いてしまったのだとしたら、なんとも皮肉なことである。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)

※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤まさみ、女性誌表紙で谷間あらわなセクシーショット
長澤、“元彼”の躍進に「ほんとにすごい人」
元モー娘。吉澤ひとみの長男が付けてる器具は何!? 石川梨華&巨人・野上の結婚パーティーに注目
将来を嘱望された有望ダンサーの“転落人生”......強制わいせつ逮捕!東京バレエ団・入戸野伊織容疑者の素顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加