Suicaに対応した「Fitbit charge 4」を1ヵ月使って気に入った5つのポイント

Suicaに対応した「Fitbit charge 4」を1ヵ月使って気に入った5つのポイント

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/05/04
No image

フィットビットのフィットネストラッカー「Fitbit charge 4」。Suicaに対応したバージョンは5月1日現在、Amazon.co.jpの価格は1万8173円

フィットビットのフィットネストラッカー「Fitbit charge 4」を使ってみました。Suicaに対応したバージョンで、Amazon.co.jpでの価格は1万8173円(5月1日現在)。

Fitbit charge 4は、リストバンド型のフィットネストラッカー。主用途は活動量を計測したり、睡眠をトラッキングしたりといったヘルスケア機能ですが、時計としての機能も備え、スマホの通知を確認することもできます。機能的にはスマートウォッチに近く、個人的には「スマートバンド」と呼ぶほうがしっくり来るように感じました。

筆者は、現在「Apple Watch Series 6」を使っていて、その前は「HUAWEI WATCH GT2」、さらに前は「Fitbit Ionic adidasエディション」を使っていました。つまり、ここ3年ほど大画面のスマートウォッチを使っていて、スマートバンドを使うのは久しぶりでした。そんな筆者がFitbit charge 4を約1ヵ月使って、気に入った5つのポイントについて述べさせてください。なお、スマホはiPhone 11 Pro(iOS 14.4.2)とペアリングさせて使いました

①装着していることを忘れるほどフィット感は良好

トラッカー本体のサイズは、縦35.8mm×横22.7mm×厚さ12.5mm。本体の横幅と同じ幅のリストバンドが、2本(SサイズとLサイズ)が付属されています。ケースはプラスチック樹脂製で、ベルトは「多くのスポーツウォッチで使用されている、柔軟で耐久性がある素材」で作られているとのこと。

No image

Fitbit Charge 4の同梱品。ベルトは2サイズが同梱されている

No image

ベルトは簡単に着脱できる

No image

背面に光学式心拍センサーを搭載し、24時間継続的に計測する

装着感は非常に良く1日中着けていて、そのまま寝てたとしても気にならないほど。水深50mまでの耐水性能を備えており、手を洗ったり、食器を洗ったりするときも装着して使っていました。筆者は試していませんがプールでも使用可能。ただし、お風呂やサウナはダメだそうです。

No image

落ち着いた印象のデザインで、フィット感も良好

No image

シャツの袖口に隠せる程度の厚みだ

No image

写真ではわかりにくいかもしれないが、本体側面のボタンは凹んでいて、誤動作を防げる

バッテリーは最大7日間、GPSを継続的に使用した場合は最大5時間。筆者は2〜3日おきに充電していましたが、充電時に、電池残量がだいたい50%程度は残っていたように記憶しています。

No image

クリップ式の充電アダプターでカチッと挟むようにして充電できる

No image

受信メールを表示。iPhoneとペアリングしている場合は返信はできないが、Androidでは簡易返信が可能とのこと

②ディスプレイは小さいが、視認性は許容範囲

スペックシートには、ディスプレイの細かい仕様は記載されていませんが、おそらくはグレイスケールの有機ELだと思われます。黒い画面に白い文字がクッキリと表示され、視認性は上々。そもそも画像の表示には対応していないので、カラーである必要はないでしょう。屋外でも時刻や通知をしっかり読み取れますが、自然光や照明が反射すると、若干見づらくなることはありました。

No image

屋外では画面が反射する。ただし、画面の明るさを「自動」に設定していれば、さほど不便を感じることはなかった

普段、44mmのApple Watchを使っている筆者には、Fitbitの画面が小さく見づらく感じましたが、慣れるものですね。しばらく使っているうちに、まったく違和感はなくなりました。

Fitbitの試用中にコンサートに行ったり、演劇を観に行く機会がありましたが、公演中にFitbitをオフにする必要は感じませんでした。時刻を表示しても、周囲に気付かれない程度の明るさですし、通知があってブルッと振動しても、音は漏れず、本人にしかわかりません。そうしたシチュエーションでは、画面の大きいスマートウォッチよりも便利だと感じました。

No image

画面をタップしたりスワイプしたりして操作する。タイマー、アラーム、天気、カレンダーといった基本機能も備えている

③操作がシンプルでわかりやすい

Fitbit Charge 4の操作は、基本的には画面をタップするかスワイプするか、もしくは側面のボタンを押すだけです。筆者が使った範囲では、画面をダブルタップしたり、ロングタップしたりすることはなく、マニュアルも確認しましたが、そうした操作はないようです。

No image

エクサイズ中はタップすると画面表示が切り替わり、走行距離、消費カロリーなどを確認できる

例えば使いたい機能を選択するときは、ボタンを押して画面を点灯させて、スワイプで項目を選んで、タップで実行。エクササイズ中は、ボタンを押すと一時停止。タップで再開できます。終了させるには、一時停止中に再度ボタンを押して、「終了」をタップします。

No image

電話を着信した場合には、このような画面が表示

No image

スワイプしてから応答か着信拒否を選択できる。なお、Fitbit Charge 4には通話機能はないので、通話はスマホでする必要がある

ただし、決済機能「Fitbit Pay」を使うには、ボタンを長押しする必要がありました。と言っても、「Suica」を使うには、いちいち画面に表示させたりする必要はなかったので、長押しの操作が必要になることは、ごく稀でしょう。

No image

Suicaを使う際に、Fitbitの操作は不要。残高はいつでも確認できる

No image

「エクササイズ」をタップして、モードを選択するだけで計測開始

④何もしなくても活動量が記録されるのが便利

エクササイズは「ラン」「バイク」「スイム」「トレッドミル」「屋外ワークアウト」「ウォーク」の6つのモードから選択できます。最近のスマートバンドは、さらに多くのモードを搭載している機種もありますが、個人的には、6つで十分だと思います。筆者の場合、ほとんど「ウォーク」しか使わなかったです。

エクササイズはすぐに開始することもできますし、時間や距離などの目標を設定して開始することもできます。GPSのオン/オフも設定できます。

No image

目標の設定や、GPSのオン・オフなど、ユーザー任意の設定が可能

エクササイズ時は心拍数がモニタリングされて、「心拍ゾーン」が変わるとバイブと画面表示で教えてくれます。あいにくその画面は撮影できなかったのですが、「もうちょっと歩こう」「少しペースを上げよう」といったモチベーションの向上につながりました。心拍ゾーンは「脂肪燃焼ゾーン」「有酸素運動ゾーン」「ピークゾーン」の3段階で認識され、それぞれゾーンでの運動時間が記録されます。

No image

運動の記録は、「Fitbit」アプリで確認可能。歩いたルートでの心拍ゾーンの変化もわかる

筆者は朝夕に犬を散歩させますが、日常の軽い運動もトラッキングされて、アプリで心拍ゾーン別の運動時間をチェックできます。

No image

毎日の運動量を確認できる

No image

1週間の運動量の推移も確認できる

No image

「エクササイズ」を起動しなかった時のウォーキングも自動で記録される

睡眠をトラッキングする機能もあり、Fitbitを着けたまま寝るだけで、睡眠の質が計測されます。多くのスマートバンドやスマートウォッチに付いている機能ですが、装着感が良く、電池が持つFitbitでは使いやすく、分析やアドバイスも細かいように感じました。

No image

ただ着けたまま寝るだけで睡眠の質をチェックできる

No image

血中酸素レベルを測定する機能は備えていないが、推定酸素変動量を確認できる

No image

「Fitbit」アプリの「ウォレット」から設定する

⑤Suicaは改札に近づけるだけでスピーディーに反応

Fitbit Charge 4には「Fitbit Pay」という決済機能が搭載されています。ただし、日本で使える機能は少なく、交通系ではSuicaのみ。銀行系ではソニー銀行とPayPay銀行のVISAに対応しています。

筆者はSuicaを登録して使ってみました。Suicaは、現在持っているプラスチックカードやおサイフケータイの残高を移行することはできず、新たに発行して使う仕組み。設定は「Fitbit」アプリからしますが、意外と簡単でした。チャージにはGoogle Payを使います。筆者は、すでにGoogle Payにクレジットカードを登録していたので、スムーズにチャージできました。

No image

セキュリティのための4桁の暗証番号の登録が必要

No image

名前と生年月日、性別、携帯電話番号を入力するだけで登録完了

筆者は、電車に乗る際に使ってみました。腕をひっくり返してタッチするべきなのか? もしかしてロックを解除していないと反応しないのでは? と、初めて使う際は少々不安になったりしましたが、驚くほどスピーディーに認識されました。手首を改札に近づけるだけでピッと反応し、スマホに入れたSuicaよりも速い印象。

Suicaグリーン券も購入やネット決済、銀行チャージなど、一部利用できない機能はありますが、さほど不便を感じることはなさそうです。JREポイントを貯めることも可能。機種変更の際は、残高を銀行に振り込んでもらって、Suicaを削除する仕組みです。

No image

チャージはGoogle Payからできる仕組み。ただし、Fitbitの案内によると、コンビニなど現金でチャージできる場所もあるようだ

No image

機種変更などをSuicaを削除する場合は、残高から220円の手数料を引いた額を指定した銀行口座に払い戻せる

No image

SpotifyはPremiumプランに登録しないと利用できず、動作確認を行わなかった。Apple MusicやYouTube Musicにも対応して、一時停止や選曲操作ができると便利だと思った

軽量・コンパクトなスマートウォッチとしても購入検討の価値あり

実は2週間ほど使ってレビューを書こうと思っていたところ、妙にしっくりと馴染み、ズルズルと1ヵ月ほど使い続けてしまいました。つまり、普段使っているApple Watchに戻りたいとか、スマートウォッチでないと不便だとかは思わなかったわけです。

強いて、Fitbit Charge 4の不満点を挙げると「Spotify」アプリがプリセットされているものの、無料プランでは使えず、有料のPremiumプランでないと使えないこと。モノクロ画面などで文字盤のデザインにも制約があり、スマートウォッチに比べるとカスタマイズ性が乏しいこと。それくらいでしょう。

No image

文字盤デザインは変更できるが、グレイスケールの小さな画面なので、バリエーションは少ない

No image

スマホと連携させる通知は多くのアプリが対応し、必要な通知だけをオンにできる

Fitbit Charge 4は、毎日に健康管理に生かしたい人はもちろん、スマートウォッチを使いたいが、できるだけ軽くコンパクトなモデルを使いたいという人も検討の価値がありそうです。

■関連サイト

Fitbit Charge 4

村元正剛(ゴーズ) 編集●飯島恵里子/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加