野中生萌、パリ五輪へ気合「次こそは金を」自身も出演の映画試写会に参加

野中生萌、パリ五輪へ気合「次こそは金を」自身も出演の映画試写会に参加

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/11/25

スポーツクライミング女子の東京五輪銀メダリスト・野中生萌(XFLAG)が25日、都内で長編ドキュメンタリー映画「THE WALL―CLIMB FOR GOLD」プレミア試写会に参加した。

No image

スポーツクライミング・女子複合の野中生萌

野中らトップクライマーの2年を追った映画は22年1月に公開される。国際連盟と日本協会の選考基準の解釈の違いにより、野中は代表になるまで苦しい時間を過ごした。「メダルまでに楽しいことやうれしいことばかりじゃなく、つらいこともたくさんあったなと(映画を)見て思い出した」と話した。

トークショーには東京五輪の柔道男子66キロ級を制した阿部一二三(パーク24)、同女子52キロ級金メダルで妹の詩(日体大)、体操女子の種目別床運動で銅メダルを獲得し、現役を引退した村上茉愛さんも登場した。

今年の漢字に野中は「信」を選び、「困難とかたくさんの壁を乗り越えてきた。何が自分を前に進めさせてきたかというと信じる気持ち」と説明。「次こそは金を獲りたい。こつこつと頑張りたい」と24年パリ五輪へ気合を入れていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加