恋人・友達探し、キャリア形成特化SNSのBumbleは「女性がいる限り存在する」とCEOが語る

恋人・友達探し、キャリア形成特化SNSのBumbleは「女性がいる限り存在する」とCEOが語る

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/09/15
No image

恋人・友達探し、キャリア形成に特化したSNSを運営するBumble(バンブル)のCEOであるWhitney Wolfe Herd(ホイットニー・ウォルフ・ヘルド)氏は、真に時代を超越した企業を作りたいと考えている。

ウォルフ・ヘルド氏はTechCrunch Disrupt 2020のステージ上で「人と人とのつながりの必要性を破壊することはできません。そして、もう1つ邪魔することができないのは、女性が尊敬されていると感じ、平等であると感じ、安全で力を与えられていると感じることです。私たちは地球上に女性がいる限り、ビジネスを続けていけると信じています」と語った。

同氏の発言は、Bumbleの未開拓の市場機会について彼女が述べているより広範な点と、彼女が競合他社に対して会社をどのように位置づけているかを強調した。

「私たちは、この業界のほかの誰とも比較していませんし、率直にいってただの出会い系サイトを競争相手としては見ていません」と同氏。「私たちは、私たちの生涯価値の機会が指数関数的であり、出会い系を超えて多くの深く根付いた方法で利用者ににサービスを提供できると心から信じています」続ける。

ウォルフ・ヘルド氏は、多忙な1年を過ごした。2019年後半に同氏は、創業パートナーであるAndrey Andreev(アンドレイ・アンドレエフ)氏から、より広範な出会い系アプリのスイートの運営を任された。ウォルフ・ヘルド氏は現在、BumbleだけでなくBadoo、Lumen、Chappyの出会い系アプリの責任者でもある。これらの出会い系アプリをもつBumbleは、アンドレエフ氏が投資ファンドのBlackstoneに株式を売却した後、30億ドル(約3170億円)の評価を受けていた。

今月初め、Bloombergは同社が2021年の株式公開を目指しており、60億ドル(約6340億円)以上の評価額を目標にしていると報じた。7月に米国のビジネス誌であるFast Companyは、Bumbleのユーザー数が現在1億人に達していると報じた。

ウォルフ・ヘルド氏は2020年により大きなチームを率いてきたが、新型コロナウイルスの感染蔓延は、デートの方法を大幅に複雑にし、ユーザーの習慣を複雑にし、変化する消費者の需要に応えるために、チームを新たなアップデートへと導いた。

これらの変更にもかかわらず「このアプリには新たな可能性がある」とウォルフ・ヘルド氏は語る。「人と人とのつながりや、新しい人との出会いの場を持つことへの需要の高まりと、孤独というほぼ二次的なパンデミックとの組み合わせにより、私たちは、この時期に非常に耐久性のあるビジネスを展開することができます」と同氏。

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Bumble SNS Disrupt 2020

画像クレジット:TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:TechCrunch Japan)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加