『水ダウ』おいでやす小田が「閉所恐怖症」に 同じ経験を持つ人から寄せられる心配、TBSの責任を指摘する声も

『水ダウ』おいでやす小田が「閉所恐怖症」に 同じ経験を持つ人から寄せられる心配、TBSの責任を指摘する声も

  • SmartFLASH
  • 更新日:2022/09/22
No image

写真・時事通信

9月21日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)での、おいでやす小田の出演した企画内容が物議をかもしている。

番組内で検証された説は、「お化け屋敷のルート中にお化けメイクされて捕えられてたらめちゃ助けてもらいづらい説」。ターゲットになった芸人は、目隠しをされたまま、落ち武者やゾンビのメイクを施され、箱や鎖に囚われた状態で、営業中のお化け屋敷のルートに放置。

【関連記事:テレビ局関係者が「使いたい芸人」2位は千鳥、1位は?】

目隠しされているため、本人はどこに連れて来られたかわからない。しかもメイクのせいで、入ってきた客はお化けの演出だと思ってしまい、悲鳴を上げて逃げていく。そんな状況の中、客の協力を得て、鍵を入手して脱出しなければならない、という内容だ。

4人めのターゲットとして登場したのが、おいでやす小田だ。小田は目隠しをされ、お化け屋敷で、縦に置かれた棺桶の中に入ることになった。ところが、間を置かずに異変が。狭い場所に閉じ込められる形になったことで、小田は呼吸が乱れ、軽いパニック状態に。本気で番組スタッフを呼び、企画の続行が困難であることを説明するに至った。

その後「閉所恐怖症ってやつですね、たぶん」「ちょっと知らなかったっすけど、自分でも……」と小田は語り、企画は中止に。その代わり、小田自身がお化け屋敷を回る、という内容となった。

想定外のトラブルの一部始終が放送されたことで、視聴者には困惑が広がった。ネット上では、同じような経験を持つ人たちから心配する意見が寄せられている。

《水曜日のダウンタウン、小田さん大丈夫だったかな…私は閉所恐怖症ではないけどパニックになると過呼吸になるから、そのときのことを思い出して息が浅くなって心臓めっっちゃうるさかった。今後の生活に支障が出ないことを祈るばかりです…。》

《おいでやす小田さん、怖かったろうなあ…見ててパニックになりそうになった…》

《パニック発作やと思うんやけど こんなんがキッカケで予期不安起こして乗り物乗れなくなるのにスタッフあっけらかーんとしてて やっぱ経験者にしか理解できひんやつやねんなって》

「小田さんが閉所恐怖症だとわかっていてターゲットにしたなら悪質ですし、そうでなければ、企画がきっかけとなって閉所恐怖症が引き起こされてしまったことへの責任があります。いずれにせよ、TBSには企画自体を“検証”してほしいですね」(放送専門誌ライター)

当の小田は、Twitterで番組について《ロケ行きました! 行きました!ちゅーか、まぁ、、 あれ放送されるんか?? わからん!お蔵入りかも!》

と、放送前に明るく告知していた。本人の今後に影響が出ないことを祈るばかりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加