セスクがマージーサイドで起こった“ミリオンオフサイド”に喰いつく

セスクがマージーサイドで起こった“ミリオンオフサイド”に喰いつく

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/18
No image

マネのミリオンオフサイド

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入には批判的な意見も多い。17日に行われたエヴァートン対リヴァプールのマージーサイド・ダービーが良い例だ。

2-2で迎えた後半終了間際にリヴァプールは、ジョーダン・ヘンダーソンが決勝ゴールを挙げたかに思えた。しかし、ラストパスを提供したサディオ・マネがオフサイドだったとしてVARによってゴールは取り消された。マネと並んでいたエヴァートンのDFマイケル・キーンとの差は数ミリ程度だった。

プレミアリーグでは特にVARの判定が物議を醸しているが、このゴール取り消しに喰いついたのは、元FCバルセロナのMFセスク・ファブレガスだった。試合を観戦していたと思われるセスクは、このの判定に対して自身のツイッターで意見を述べている。

「どうやったらオフサイドになるんだ?ゲームは狂ってしまった」と驚きを持って記している。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、チームのパフォーマンスには満足しているとしながらも、VARの判定にはセスク同様驚いていた。「様々な理由で引き分けに終わった。申し訳ないが、私にとってオフサイドは完全になかった」とはっきりと語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加