【NPBアワーズ】西武・水上由伸 球団16人目の新人王...育成ではパ初「来季も同じくらい投げないと」

【NPBアワーズ】西武・水上由伸 球団16人目の新人王...育成ではパ初「来季も同じくらい投げないと」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

最優秀新人賞を受賞した西武・水上。右は斉藤コミッショナー(代表撮影)

プロ野球の年間表彰を行う「NPBアワーズ2022」が25日に都内で行われ、西武・水上由伸投手(24)がパ・リーグ最優秀新人王を受賞した。

西武からの選出は2020年の平良海馬投手(23)以来、2年ぶり16人目。投手では10人目の受賞となり、育成出身選手の新人王受賞はパ・リーグ初となった。

水上は、平良が新人王を受賞した20年ドラフトの育成5位で四国学院大から西武に入団。2年目の今季は開幕を一軍で迎え、勝利の方程式として60試合(56回)に登板し、4勝5敗1セーブ31ホールド、防御率1・77で平良と並んでパ・リーグ最優秀中継ぎ投手賞にも輝いた。

優勝こそ逃したものの、パ・リーグトップのチーム防御率2・75をブルペンから支えた右腕は受賞の喜びを「すごくうれしいです。ずっと一軍にいれたので、それがよかったのかなと思います」と語った。

その上で「7月は自分の中でも調子がよかったが、それ以降落ちてしまったので、そこが反省点。来シーズンも今年と同じくらいの試合数を投げないと意味がないと思うので、そこを目標にやっていきます」と来季のさらなる飛躍を口にしていた。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加