松本穂香、“下がり眉”に苦戦も「合格いただきました」

松本穂香、“下がり眉”に苦戦も「合格いただきました」

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/17
No image

女優・松本穂香(23)が17日、都内で行われた映画「みをつくし料理帖」(角川春樹監督)の公開記念舞台挨拶(あいさつ)に登壇した。

作家・高田郁さんのベストセラー時代小説シリーズが原作。苦難を乗り越えながら運命を切り開いていく女料理人・澪(松本)の成長と不変の友情を描く。

松本演じる澪は「下がり眉」が特徴で、役作りに苦戦したといい、「元々下がり眉ではないので、台本を読んで不安になった。家で鏡の前に立って一人で練習した」と明かした。練習の成果については、「キタ!という実感はなかった」ものの、共演の女優・奈緒(25)からグーサインをもらい、「合格いただきました」とハニかんだ。

角川監督にとって“生涯最後の監督作”。約10年ぶりの撮影で、舞台挨拶に立つのは11年ぶりになるという。これまで8作品でメガホンをとっているが、「『スタッフ、キャスト一丸となって作りました』と言いますが、ほとんどはウソ。でも、この映画に関しては初めてそう思った。これまでで最も愛着があって、寂しくなった」と全身全霊で挑んだ自信作に胸を張った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加