武井壮、苦難も子供の頃に比べれば“正直楽勝” 「贅沢な心になったなあ」

武井壮、苦難も子供の頃に比べれば“正直楽勝” 「贅沢な心になったなあ」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/05/14
No image

タレントの武井壮が14日、自身の公式ツイッターを更新。つらい気持ちを抱えている人に前向きな心構えを伝える応援のメッセージを送った。

【ツイート】しんどくて逃げたいときも「子供のころに…」

■大変なときでも前向きに

武井は「正直しんどいときもそらある、正直逃げ出したいときもあるけど」と心境を明かし、それでも「お金も力も仲間も知識もなかった子供の頃に比べたら正直楽勝だ」と、前向きに応援のメッセージを伝える。

先月23日に大切な父親を亡くしている武井。2月に父親が体調を崩して以降、武井は別れを意識したような複雑な心境を吐露することもあった。

関連記事:武井壮、入院中の父を想ってか「3日で3キロ痩せた」 体調を心配する声も…

■波乱の子供時代を送る

武井は小学生のころに両親が離婚して父親のもとに引き取られ、しだいに父親も家に帰ってこなくなり20代で早逝した兄と2人で苦しい生活を送っていた。

そんな中学生時代の厳しかった生活を思い返し、「もやしとパンの耳を塩胡椒で炒めて食べて節約してた頃を思い出すと贅沢な心になったなあ、と自然と微笑む」と、現在の生活に幸せを感じている様子。

最後は「心にもやしとパンの耳をいつでもしまっておこう」と苦難の時代を忘れずに胸に秘めていくことを誓い、投稿を締めくくった。

■逆境の時代が未来の力に

武井の投稿に「あることが難しいで“ありがたい”ですからね」「なんだか響きます。そうですね」と共感の声が寄せられた。

また「私も小学生のころ、親がいなくてご飯がなく、台所を漁ってパン粉やお麩を食べて過ごしてた時期があります!」「公園の水道が飲み水、スーパーの廃棄弁当だけがお昼の大学時代を思い出した」と、苦境の生活を送った時代のあるファンも。

そうした人も逆境のはねのけたからこそ「おれも最悪を知っているので、がんばれます!」「その時代があるから今の自分がある」と今を頑張るための力になっているようだ。

■苦難の子供時代を胸に秘め

正直しんどい時もそらある
正直逃げ出したい時もあるけど
お金も力も仲間も知識も無かった子供の頃に比べたら
正直楽勝だ
中学時代もやしとパンの耳を塩胡椒で炒めて食べて節約してた頃を思い出すと
贅沢な心になったなあ、と自然と微笑む
心にもやしとパンの耳をいつでもしまっておこう
— 武井壮 (@sosotakei)
May 14, 2022
from Twitter

・合わせて読みたい→武井壮、父のケア施設入所を報告 「良かったあ、って喜んでました」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加