オリックス ルーキー宮城が6回3失点踏ん張るも...反撃あと一歩 西武は松本が5勝目

オリックス ルーキー宮城が6回3失点踏ん張るも...反撃あと一歩 西武は松本が5勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

メットライフドーム最終戦を終えてスタンドにあいさつし、ベンチへ帰るオリックス・中嶋監督代行(撮影・伊藤笙子)

「西武3-2オリックス」(18日、メットライフドーム)

西武は二回2死満塁から金子、源田の連続適時打で3点を先取。その後のオリックスの反撃を振り切った。

オリックスは五回1死一塁から福田の右中間二塁打で1点をかえした。

九回は1死二塁からT-岡田の中越え二塁打で1点差に迫ったが、それまでだった。

オリックスの先発・宮城は6回5安打3失点で降板した。

西武・松本が5勝目、増田が28セーブ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加