阪神近本は足攻め&適時打で貢献「なんとかランナーを」今季最多1戦3得点

阪神近本は足攻め&適時打で貢献「なんとかランナーを」今季最多1戦3得点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 4回裏阪神2死二、三塁、二塁への適時内野安打を放った近本をたたえる阪神ナイン(撮影・清水貴仁

<阪神7-1巨人>◇7日◇甲子園

阪神近本光司外野手が足攻めで快勝に貢献した。

3回に四球で出塁し、糸原とのエンドランで一気に三塁へ。一、三塁の好機では一塁走者糸原が二盗を決め、大城の二塁悪送球の間に、先制のホームを踏んだ。4回は2死二、三塁で二塁に適時内野安打。

「(直前に伊藤)将司がしっかりとバントを決めてくれましたし、投球も粘って投げてくれている。なんとかランナーをかえしたいと思っていました」。6回も中前打を放って生還。今季最多の1戦3得点だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加