【実録】喧嘩してわかった“彼女のいいところ” #2「トラウマだったけれど...」

【実録】喧嘩してわかった“彼女のいいところ” #2「トラウマだったけれど...」

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2020/11/20
No image

好きで付き合っていても、相手と意見が衝突するなどケンカはどうしても避けられません。

でも、ケンカの最中や仲直りができたとき、彼女が見せた態度に「ああ、こんなところが好きだな」と実感する男性もいます。

男性たちに聞いた、「ケンカしたときに見えた“彼女のいいところ”」についての実録エピソードをご紹介します。

「前の彼女でつらかったのが、ケンカして仲直りできたと思って抱きしめようとしたら、『ちょっと今は触られたくない』と避けられたこと。

ちゃんとお互いに謝って解決できたはずなのに、全身で拒否された感じがしてトラウマになっていました。

結局その彼女とはすぐ別れ、今の彼女を好きになって無事に交際まで進みました。

些細なことでぶつかったとき、言い合いになったけど最後はストレスのないやり方が見つかって、仲直りできた雰囲気になったのですが、腕を伸ばしたときに元カノの態度が蘇って思わず手を引っ込めてしまって。

そうしたら、彼女が黙って俺の手を引き寄せて、抱きしめてくれました。

『ごめんね。これからもよろしくね』

とつぶやく彼女に胸がぐっと熱くなりましたね。

そのとき、仲直り後のスキンシップって実は勇気がいるんだな、とわかりました。

元カノが避けたのは、恥ずかしさもあったのかなと今は考えています。それでも悲しかったけど。

仲直りできた後のスキンシップがとれる彼女がいてくれて、本当に幸せだと思います」(28歳/営業)

衝突したときこそお互いの理解を深めるチャンス。

向き合う姿勢を見せることが、彼氏からの愛情と信頼を大きく育てると思いたいですね。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加