【超RIZIN】「命かけてリングに」なぜ皇治は直前オファーを快諾したのか 快勝で狙うは“ボディーガード交代”

【超RIZIN】「命かけてリングに」なぜ皇治は直前オファーを快諾したのか 快勝で狙うは“ボディーガード交代”

  • SPREAD
  • 更新日:2022/09/23
No image

25日に開催される「The Battle Cats presents 超RIZIN(スーパーライジン)」のサブメインで、ボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーの付き人・ジジと対戦する皇治が23日、試合前インタビューに応じた。

◆「メイウェザーvs.朝倉未来」格闘家たちの見解は? 試合展開予想まとめ

■「盛り上げたい気持ち」で直前オファーを承諾

前日にジジの公開練習を見たという皇治は「鼻くそですね」と一蹴。皇治のバッティングを歓迎すると発言し、公開練習でも頭突きを披露したジジについては「しつこい。かなり前のことですよ。強いて言うなら、腰の入れ方が甘い」と頭突きの甘さを指摘した。

大会直前での試合オファーには「オレかよ!」と率直に困惑したというが、「(オファーを持ちかけた榊原信行CEOは)狂ってますよ。でも共感しているのは“格闘技を盛り上げたい気持ち”」と、直前にも関わらず引き受けた理由について語った。

■「勝ったらボディーガード交代ですね」

正確な体重は明らかになっていないが、ジジは85キロとの憶測もあるなか、皇治は現在65~6キロ。当日もこの体重で臨むと言うが「何キロでもいい。バリバリ向かってきますよ。ちんちくりんが向かっていくのは面白いと思うんで。エキシビションとは思っていない。圧倒しますよ」と観客を楽しませるためにも、本気のファイトを約束した。

ボクシングルールの試合については「俺上手いんですよ。今回も一発も当たらないと思う……でも打ち合って倒れてみたい」と本心も。皇治が兄貴と慕う元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志氏は「打ち合いはやっちゃいかん」と発言していたが、「でもみんな見たいでしょ?いいっすよ、命かけてリングに上がるわけですから」と男気を見せた。

さらに、「マルコメ」と揶揄するメイウェザーとは「(戦いたい気持ちは)めちゃくちゃありますよ。勘違いヤローなので。記者会見から圧倒してやりますよ」と、意気込み十分。「(まずは今回)勝ったらボディーガード交代ですね」と必勝を誓った。

◆「メイウェザーvs.朝倉未来」格闘家たちの見解は? 試合展開予想まとめ

◆【超RIZIN】“伝説の路チュー”皇治がメイウェザーの付き人ジジと初対面「『伝説の金魚のフン』も来てるし盛り上げる」

◆【超RIZIN】朝倉未来がメイウェザー公開練習を一蹴「太鼓の達人みたい」 大一番は「喧嘩だと思ってる、根性でいく」

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加