21世紀枠の東播磨「攻め続ける野球を」明豊と初戦

21世紀枠の東播磨「攻め続ける野球を」明豊と初戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

リモートで行われた第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会(代表撮影)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

3月19日に開幕するセンバツ大会の組み合わせ抽選会が史上初めてオンラインで行われた。

◇   ◇   ◇

21世紀枠で甲子園初出場の東播磨は明豊に挑む。主将の原正宗内野手(2年)は「相手のスキを突く走塁を特徴にしている。甲子園では自分たちが常に攻め続ける野球をできるよう、1つのアウト、目の前の1勝に貪欲になり、全力でプレーしたい」と意気込んだ。

昨秋の兵庫県大会準優勝。近畿大会も強豪の市和歌山に1-2と善戦した。21世紀枠の過去最高4強入りを狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加