道内初のパルクール大会開催 札幌五輪・パラに向けて「スポーツの関心を高めたい」

道内初のパルクール大会開催 札幌五輪・パラに向けて「スポーツの関心を高めたい」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

札幌市内で27日にパルクールの大会が行われる(東スポWeb)

札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪・パラリンピックを前に、若者に人気急上昇中のパルクールを通じて、スポーツへの機運を高めていく。

国際オリンピック委員会(IOC)は、30年冬季五輪・パラリンピックの開催候補地を12月に絞り込み、来年5~6月に開かれる総会(インド)で正式決定する見通しを表明済み。激しい競争を勝ち抜くべく、札幌市は五輪・パラリンピック開催に向け、さまざまな事業を計画している。

その一つとして、関係者らの「大小問わずにスポーツを通じて、札幌、道内を含めて市民に対するスポーツへの関心を高めていきたい」との考えから、スポーツイベントを誘致。27日にサッポロファクトリーでパルクールの大会「PARKOUR PREMIER CUP 2022 in 札幌」が行われることになった。

札幌で初開催となるパルクールの大会は、新型コロナウイルス感染防止策を施した上で、有観客で実施する方針。願ってもないチャンスを前に「札幌五輪は冬だが、夏冬関係なくできるスポーツなので、協力もいただいた上でスポーツの機運が盛り上がってくれたら」と関係者から期待の声が目立つ。果たして今後につなげることはできるか――。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加