語ること「あまり深く捉えないで」 富岡町に戻った男性が語り部を続ける理由

語ること「あまり深く捉えないで」 富岡町に戻った男性が語り部を続ける理由

  • TUFテレビユー福島
  • 更新日:2022/06/23

震災と原発事故から11年あまり。あのとき、子どもだった若者たちを取り巻くいまを考えるシリーズ「それから~若者たちの震災~」

No image

今回は「語り部」をテーマにお伝えしています。富岡町からお伝えします。一時、全町避難となり、町の姿も大きく変わりつつある中、試行錯誤をしながら、伝承を担う20代に注目しました。

No image

今月15日のJヴィレッジ。語り部が話しかけているのは、東京から来たおよそ200人の修学旅行生たちです。

参加した修学旅行生「風評被害って県外であったと思うんですけれど、大丈夫だとわかっていても、地元の人でも抵抗はありましたか?」

富岡町3.11を語る会・宗像涼さん「例えばモモを作って、モモを出荷しますと言って、戻されたりとかいうことがあったらしい。そういうのをどうにかしようというのが昔はあった」

No image

「富岡町3.11を語る会」宗像涼さん(23)

説明しているのは、富岡町3.11を語る会の宗像涼さん(23)です。

No image

いまは富岡町にある商業施設の一角に事務所を構える「語る会」。震災のあと、多くの町民が避難した郡山市で誕生し、大部分で避難指示が解除された2017年には、町に移って活動を続けてきました。これまで4万人以上の人たちに、当時の状況や町内のいまを伝えてきました。

No image

富岡町3.11を語る会・青木淑子代表「何が起きたかとかそこで何が失われたのか何が大事なのかとかそういうことを、ちゃんと『人の言葉』で語らないといけない」

震災と原発事故を人の言葉で伝える。シンプルで難しい役割を「語る会」は担い続けてきました。

Jヴィレッジで、宗像さんは素朴な疑問を投げかけられました。

No image

修学旅行生「語る会に入ろうと思った理由は?」

宗像さん「町を知らない、震災を体験したのに震災を知らない、原発事故が起きた所なのに原発を知らないままでいいのかなって思った。もっと自分の下の世代に伝えないといけないというのを、いま思う。だってこれからは震災のことを覚えていない子が出てくるから、その子たちに伝えないとあったことすら分からない状況になる。そのためにも語り伝えるということをやっている」

震災と原発事故が起きたとき、小学生だった宗像さん。長い間避難生活の中で、徐々に町や震災の記憶が薄れていったといいます。

宗像さん「町から離れたのであまり興味を持っていなかった。震災に起きたことで、自分が体験しただけだと思っていたし、向こうの生活に慣れちゃったというのもある」

No image

しかし、久しぶりに町を訪れた際、その変貌ぶりにショックを受けました。

宗像さん「僕は今若いし、体験もしている、今富岡町民だし自分の中で条件はそろっていた。じゃあ町について語ってみようと思い、語りはじめた」

No image

修学旅行生に語りかける秋元菜々美さん(24)

こうして、宗像さんは、3年前町に戻り、語り部活動を続けています。Jヴィレッジでは、同世代の語り部、秋元菜々美さん(24)とともに、町のようすを伝えました。年が近いこともあってか、質問が次々と投げかけられます。

No image

修学旅行生「震災があっても変わらなかったことは?」

秋元菜々美さん「私の家の近くに、サクラ並木があったんですけれど、震災後に訪れた際、ちょうど春の時期でサクラが咲いていた。人がいなくても毎年毎年咲くんですよ。家がなくなっても毎年毎年咲くし、そこの風景だけは本当に変わっていなくて。自分の住んでいた家がなくなったりとか、友達の家がなくなったりすると『これって自分の町だっけ?』ってあるとき考えたりするけれど、サクラだけは変わっていない。だからこれは自分の町だってわかる」

宗像さんたちをはじめ、精力的に活動している「語る会」ですが、代表の青木淑子さんは、今後に危機感も感じています。

青木代表「物理的にみんな歳はとっていくので、加齢に伴い出来なくなることもたくさんある。そういう意味では先行き不安という現実はある。若い人が少ないので」

語り部たちの多くは、普段、家庭や他の仕事を掛け持ちしながら活動しています。そのため、長く続けることは簡単なことではありません。こうした中で、宗像さんは、自分の活動を通じて、震災について語ることのハードルを下げたいと思っています。

No image

宗像さん「あまり深く捉えないでほしい。語り人になることについて。学校の勉強と、語り人活動は同じだと思っていて、いきなりすごい難しい問題を出されてもやる気なんて起きない。やってみて楽しさとか、自分にプラスになることが一番大事だと思う」

11年以上が経ち、言葉の重みが増す一方で、語りを担うすそ野をどう広げていくか。宗像さんたち「語る会」の試行錯誤する日々が続きます。

No image

「富岡町3.11を語る会」では、若い世代に、すそ野を広げていく取り組みとして、今年から小中学生を対象にしたワークショップなどを今年から始めています。また今後は、「伝承」という意味では「先輩」にあたるともいえる、広島や長崎の団体を訪問する予定もあるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加