遺体は90歳と65歳の親子か...岡山市で住宅火災 備前市でも1人死亡の火事【岡山・岡山市・備前市】

遺体は90歳と65歳の親子か...岡山市で住宅火災 備前市でも1人死亡の火事【岡山・岡山市・備前市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/05/03
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

5月1日夜から2日未明にかけて岡山県内で火事が相次ぎ、3人が死亡しました。

2日午前3時過ぎ、岡山市東区東平島の会社員、河原徹さんの住宅から出火しました。

火は約2時間後に消し止められましたが、鉄骨スレート葺き2階建ての住宅1棟、約140平方メートルが全焼し、1階の焼け跡から2人の遺体が見つかりました。

出火当時、家には河原さんのほかに妻と母親、帰省中の長女と孫の合わせて5人がいましたが、妻と長女、孫の3人は逃げ出して無事でした。

警察は遺体は火事のあと連絡が取れない河原さんと母親とみて、身元の確認を行っています。

また、1日午後10時前、備前市麻宇那の無職、山端唯志さんの住宅から出火、鉄筋コンクリート2階建ての住宅1棟、約60平方メートルが全焼しました。

消防が1階で山端さんを発見しましたが心肺停止の状態で、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察と消防が出火原因などを調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加