ロッテ・マーティンが激走からのタッチアウト リクエストも覆らず

ロッテ・マーティンが激走からのタッチアウト リクエストも覆らず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 ロッテ―ヤクルト(2021年6月9日 ZOZOマリン)

No image

<交流戦ロ・ヤ2>7回1死一塁、中村奨の中前打で一走・マーティンが三塁を狙い、一旦はセーフも手が離れてアウトの判定。マーティンは抗議、村上は抗議するマーティンのお尻に再度タッチする。リクエストを要求するも結局アウトになる(撮影・沢田 明徳)

ロッテ・マーティンが中前適時打で1点差とし、なお7回1死一塁の場面で中村奨が中前打。一塁走者のマーティンが一気に三塁を狙い、村上のタッチをかいくぐって一度は三塁到達した。ところが勢い余って体は塁を超え、右手がベースを離れたところを改めて村上がタッチ。アウトになった。

この判定にマーティンが不満をあらわにすると、井口監督がリクエスト。村上がベースに触れていたマーティンの腕をグラブで押したのではないかが審議されたが、認められず判定通りアウトとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加