【インタビュー】映画『Daughters』三吉彩花「お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めました」 阿部純子「どのように生きたいかを考えるきっかけになりました」

【インタビュー】映画『Daughters』三吉彩花「お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めました」 阿部純子「どのように生きたいかを考えるきっかけになりました」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2020/09/17

東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。同じ速度で歩んでいくと思っていた2人だが、彩乃が妊娠したことによって人生が大きく変化していく…。四季折々の風景とともに、女性たちの心情を丁寧につづった映画『Daughters』(9月18日公開)で、親友同士を演じた三吉と阿部に撮影の裏話を聞いた。

No image

阿部純子(左)ヘアメイク:DAISHI/スタイリスト:小林洋治郎(Yolken)、三吉彩花 ヘアメイク:牧野裕大/スタイリスト:藤本大輔

-最初に感じた互いの印象を教えてください。

三吉 純ちゃんとは、会社ですれ違ったことがあったぐらいで、それほど面識があったわけではなかったです。なので、最初は緊張したんですが、すぐに打ち解けることができて、一緒にいると安心感がありました。彩乃と小春にとっても、お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めましたし、彩乃を演じたのが純ちゃんでよかったと思っています。

阿部 撮影前に「(撮影現場の)アパートに一緒に行って過ごしてみよう」と三吉さんが提案してくれたんです。そのときに、ランチをして一緒に時間を過ごしてみて、自然と居心地のいい空間が出来上がっていたので、役作りに苦労することはありませんでした。最初から三吉さんといる空間は居心地がよかったです。

-ランチをしたというお話がありましたが、ほかにはどのようなことをして仲を深めたのですか。

阿部 表参道から渋谷まで、一緒に歩いたこともありました。途中で「おなかすいたね」って言ってお店に入ったりして(笑)。特に何かをしようと思ったわけではなく、彩乃と小春がしているのと同じような感覚で過ごすことができたと思います。

-それぞれの役を作り上げていく上では、どんなところを意識しましたか。

阿部 親友である彩乃の妊娠によって、小春の気持ちが揺れ動くというのがこの作品の大きなポイントだと思ったので、私自身は彩乃としてライフステージが変わる瞬間をどう演じればいいのかということを、いつも頭に置きながら演じていました。そのために、例えば、出産を体験された方のお話を聞いたり、妊娠中の方向けの本を彩乃目線で読んでみるということはしていました。

三吉 私は、純ちゃんが彩乃と向き合っている緊張感を現場で感じていたので、小春が綾乃をどう支えたらいいのかを考えるのと同じように、私自身もどういうふうに純ちゃんを支えてあげたらいいのだろうと考えていました。映画やドラマの撮影では、リハーサルをして、テストをして、それから本番になるので、同じ演技を最低でも数回は行いますが、純ちゃんは、彩乃のことを深く考えているからこそ、毎回、少しずつお芝居が違ったり、ニュアンスが違いました。なので、彩乃が発する言葉や表情をちゃんと受けて、自分もきちんと返そうという気持ちで、必死になって演じていたように思います。

-向き合って演技をしてみて、女優として互いのどんなところに魅力を感じましたか。

阿部 三吉さんは、うそのない言葉で思ったことを伝えてくれる方なので、その分、とても繊細なところを持っていると思います。役とのシンクロ率がとても高い方だとも感じました。お芝居をしている三吉さんを、隣でじかに感じられる立場だったからこそ、一緒に作り上げていく感覚を強く感じながら撮影できました。けんかのシーンは特に印象的で、小春が怒れば怒るほど私は悲しくなり、小春の存在の大きさを感じました。実際には、三吉さんから怒られることってないと思いますし、あくまでも役として怒っているのですが、三吉さんが私を怒っているような気持ちにもなってきてしまって…(笑)。役と同化していたということなのかもしれません。

三吉 私は台本を最初に読んだときに、小春に共感できるというわけではなかったです。妊娠した方のそばに寄り添った経験もありませんし…。どうなるかは演じてみないと分からないなと思っていました。ですが、撮影を重ねていき、純ちゃんが演じる彩乃の「女性としての情」や「不安」を小春としてそばで感じていたら、だんだんと、役と自分の境界線が分からなくなるような感覚がありました。それは、私にはなかなかない経験だったんです。今まで、私はオンとオフがはっきりしていて、撮影が終わり次第すぐに自分に戻っていましたが、この作品においては、ずっと小春と一緒にいるような感覚でした。それはやはり、純ちゃんが彩乃と一緒になって現場に現れている感じがあったからなのだと思います。純ちゃんは、役とずっしりと向き合うタイプの方なので、いい意味で純ちゃんのペースに巻き込まれていいものができたのだと思っています。

-互いに高め合っていたんですね。では、本作を通してどんな気付きがありましたか。

阿部 私自身がこれから生きていく上で、どのように生きたいかを考えるきっかけになりました。女性の生き方や子育て、家庭のあり方は多様化していると思うので、絶対にこうだという考え方に縛られずに、自分らしくあるよう生きたいと思います。

三吉 私も同じことを思っていました。これから先、私は誰と支え合って生きていくんだろうと、自分の人生を楽しみに感じられるようになりましたし、自分の女優としてのあり方や今後のお芝居についても考える機会になりました。

-ところで、小春と彩乃のように親友とルームシェアをして生活することに憧れはありますか。

三吉 一人の時間がほしいタイプなので、私はできないです(笑)。私にも親友と呼べる友人はいますが、お互いに干渉もしないですし、ずっと一緒にいるわけでもありません。ですが、気付いたら一緒にいて、大変なときに悩みを相談して、支え合っていることは感じられます。なので、ルームシェアをする必要はないです。それに、一緒に生活したら知らなくていいことまで知っちゃいそう。

阿部 確かにそうかも。特に、私たちは、せりふを覚える作業を家でしなければならないので、そういう意味でも一人の時間は必要ですよね。ただ、私、留学中に寮生活をしていて、女の子8人ぐらいで生活していたことがあります。そのときは、楽しかったです。深夜に突然、座談会が始まったり(笑)。普段は食べないスナック菓子を「純子はもっとアメリカの食べ物に染まって!」って言われてたくさん食べさせられたり(笑)。そういう普段はしないことを、みんなでするのは楽しかったです。

(取材・文・写真/嶋田真己)

No image

(C)「Daughters」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加