110番...警察官は迅速・的確にどう対応? 県警が“通信指令”競技大会 全警察署16チーム参加【愛媛】

110番...警察官は迅速・的確にどう対応? 県警が“通信指令”競技大会 全警察署16チーム参加【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/08/05

110番通報で警察に求められるのが素早く的確な対応です。

愛媛県警では5日、通信指令の競技大会が開かれ対応力が競われました。

競技会に出場したのは愛媛県内の全警察署から集まった16チームで、1チームは地域課などの警察官ら3人で構成されます。

競技の想定のベースは夫からのDV被害について以前相談があった女性からの110番通報。

通報の内容の聞き取りによる状況の把握から現場の警察官に必要な無線での指示など素早さや的確さが競われました。

通報を受ける警察官:

「包丁を持っている?いやいや、やめてください。警察官を向かわせておりますので」

愛媛県警によりますと去年の通報は7万7844件で新型コロナの影響でこの5年間は減少傾向にあるものの、通報には的確に対応し早い段階の解決を実現したいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加