運が良かったら出会えるかも!可愛すぎる「北海道の動物たち」4選

運が良かったら出会えるかも!可愛すぎる「北海道の動物たち」4選

  • 北海道Likers
  • 更新日:2021/01/13

なかなか旅行が自由にできない時期が続いていますよね。今回は、北海道Likersのインスタグラムに寄せられた北海道で遭遇できる野生の可愛い動物たちの写真をご紹介します。

次の北海道旅行で出会いたい動物を探してみてくださいね!

1:つぶらな瞳が可愛い「エゾジカ」

道東エリアを訪れると、車や列車での移動中にエゾシカの大きな群れや親子の群れなどに出会うことがあります。動物園などではよく見かけるシカですが、車や列車での移動中に野生のシカと出会うとまるで気分はサファリパークですね!

車の運転中にエゾシカと遭遇した場合は接触しないよう、安全運転が必要ですが、運がよければ道のすぐそばで出会えるかも。

2:木の巣穴からひょっこり「エゾモモンガ」

エゾモモンガとは、北海道に生息するモモンガの一種。樹に巣穴を作り巣を中心に生活する動物で、地上に降りてくることは滅多にありません。夜行性ですが日中に活動することもあるんだそう。

SNSでも野生の写真がたくさん投稿されていて、「見ているだけで癒される!」と野生のエゾモモンガが話題沸騰中なんだとか。木の巣穴から外をのぞいているときがシャッターチャンス!

3:北国のリス「エゾリス」

エゾリスはリス属キタリスの北海道固有亜種。木の枝で鳥のような巣を作るほか、樹洞を利用して子育てをしているそう。冬眠をしないため、蓄えとして秋になると森の地面に穴を掘って、これらの木の実をあちこちに埋める習性があります。

でも、埋めたことを忘れてしまうことも多く、そこから新しい木の芽が出てきたりもするんだとか! 忘れんぼうの可愛いエゾリスに癒されてみたいですね。

4:遭遇率No.1野生動物「キタキツネ」

真っ白な雪に映えるふさふさの毛をまとったキタキツネ。北海道のほぼ全域、特に道東に多く生息していて、なんと北海道の遭遇率が野生動物の中でNo.1なんだとか!

夜行性なので、夜間にドライブをしていると遭遇する確率が高く、かなり近い距離で見られることもありますよ。もし、車のライトに反射する小さな光を2つ見つけたら、それはキタキツネかもしれません!

可愛くてさわりたくなってしまいそうですが、直接触れたりエサをあげたりするのは衛生上やキタキツネの体のためにもダメなんだそう。遭遇しても、むやみに近づかずそっと観察してみてくださいね。

今年は北海道旅行を断念した方も多いと思いますが、次の旅行ができたときには可愛い動物たちに遭遇してみたいですね。

『北海道Likers』のInstagramではみなさんのお気に入りの北海道を収めた写真を募集しています! ぜひ好きな季節や場所を切り取った写真をぜひタグ付けしてくださいね。

北海道Likers公式instagram:@hokkaidolikers

【参考】
森林地帯に生息する身近な野生動物 / GoodDay北海道
エゾモモンガ / 札幌市円山動物園
北海道での遭遇率No.1の野生動物 / GoodDay北海道
北海道の森林公園などで四季を通して出会えるリス / GoodDay北海道

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加