更年期は"問い"の時期?モヤモヤ期は人生を見直すチャンスかもしれない【40代のリアル】

更年期は"問い"の時期?モヤモヤ期は人生を見直すチャンスかもしれない【40代のリアル】

  • ヨガジャーナルオンライン
  • 更新日:2021/11/25
No image

Getty Images

心身に不調が出やすい更年期は、マイナス要素がフォーカスされやすいと感じています。40代後半に差しかかった私も、心身のモヤモヤと折り合いを付けながら生活していていますが、ある時からこのモヤモヤ期は人生の後半戦に向けての準備期間・立ち止まる時期なのではないかと考えるようになりました。もしかしたら私たちは、自分にとっての最良の人生を考え自ら選ぶ絶好の機会を与えられているのかも知れません。

「問う」ことから生み出されるもの

更年期は、「問う」ことが多い時期なのではないかと思っています。コントロールの難しい感情に出会ったり、心身が不安定になったり、はたまた女性としての価値が下がったように感じてしまったり…なぜ?どうして?どうしたら?という問いに多く出会う時期。物事が順風満帆に進んでいる時にそういった問いは生れないので、もちろん戸惑い迷っていることは確かです。しかしながら問うことで新しい視点や世界観に出会い、価値観が変化して、やがて自分自身への理解が深くなるのも事実。私も更年期の症状が出始めた2年ほど前には想像もしていなかった自分に、今は出会えている気がしています。40代女性がどんな問いを持ち、そしてどのように解決しているのか…ヨガスタジオで出会う同世代の方の経験も交えながら具体的に探っていきましょう。

これから先、自分に出来ることって?

若い頃は良くも悪くも、可能性が無限に広がっているように思えた人も多いのではないでしょうか。努力次第で「なりたい自分」になることが出来る、将来を自らの手で創り出すことが出来る!と。それが歳を重ねるにつれて、可能性が狭まっていくのを感じる。そこに寂しさを覚えることもあるかも知れません。

この可能性の広さ、一見すると自由で幸せなように思えますが、選択肢が多くて悩みが増えるという側面があります。事実50代以上の人と話していると、選択肢が少ないから悩むことが少なくなったという話をよく聞きます。40代は…もしかしたらその手前で、可能性を少しずつ諦め手放している人が多い世代かも知れません。それは言い換えれば、「自分の適性がはっきり分かる」「自分の出来ること・出来なことが分かる」ということなのだと思います。

これは憂うようなことではなく、むしろ喜ばしいことではないでしょうか。自分がこの人生でやるべきことや役割にまい進できるというのは、おそらく誰もが求めている充足感のある生き方です。それが若い頃に夢見た人生と違う方向に進んでいたとしても…「あ、この生き方で良いのだ」と納得できるようになるのは幸せなことだと思います。人生において違和感が少なくなること、納得できること。それは自分の器を知ったからこそ見えてくる境地なのではないでしょうか。

抱えているものが重たくなったらどうしたらいい?

そこそこ人生経験を積んできた40代にとって、積んできた経験が「重たい」と感じることもあるようです。人生ゲームのアイテムを集めるように物質や地位・友情や知識に至るまで…あらゆるアイテムを頑張って集めてきたのに、ある時からそのアイテムが自分の自由を制限しているような気がしてくる。もしくは、集めてきたアイテムに価値を感じなくなるという場合もあるかもしれません。

随分前から「断捨離」というキーワードを頻繁に聞くようになりましたが、物質的にも精神的にも「手放す」ことはとても健全な行為だと思います。生きている期間が長ければ長いほど抱えているものが大きくなる・重たくなるのは当たり前のことで、ある時点でそれを抱え続けるのか?それとも手放すのか?という選択を迫られます。それでも抱え続ければその荷物はとても重たく、過去に縛られて、身動きがとれなくなってしまう。

体力が落ちる、気力がない…一見マイナスに見える状況のなかで、それでも抱えていたいと感じる大切なもの・必然的に残るもの。その取捨選択が出来たら、この先大切にすべきものがよりはっきりと見えてきます。社会や他人にとってではなく、自分にとって価値のあるものが分かってくる。

私はヨガの講師ですが、ヨガの観点から見ても「手放す」ことはとても重要です。ヨガの教えでは「スペース=空間」という概念を大切にするのですが、物事が循環していくためには手放しスペースを作るということが必須。しかしながら心も物質も抱え過ぎて余裕がないと、循環が滞ってしまいます。この手放すきっかけを外側からくれるタイミング。その選択を迫られる機会が、更年期などの変調を感じる40代には多くあるように思うのです。

すぐに解決しないような問題を抱えて、グレーゾーンにいることはしんどいことです。思い通りにいかないことも、持っていたものを手放すことも、一時的には苦しい気持ちになるかも知れません。女性のモヤモヤ期は一般的に10年ほど続くと言われるので、晴れ晴れとした毎日を送れるようになるのは一体いつになるのか?と、更年期が辛い人は特に暗い気持ちになってしまうこともあるでしょう。でも、この時期にしか出来ないことがあり、この時期を過ごすことにも意味があるようようです。モヤモヤ期が教えてくれることを受け取りながら、日々を丁寧に過ごしていけたら良いですよね。もし渦中にいるとしたら、その渦中にいる時にしか出来ないことをぜひされていって下さい。私もそうしていきたいと思っています。

井上敦子

15年間の会社員生活を経てヨガ講師に転身。不眠症をヨガで克服した経験を持つ。リラックスが苦手だった経験から、ヨガニードラを通じてリラックスの本質を伝えるクラスを展開。週に8本のヨガニードラのレギュラークラスを持つ他、指導者養成講座やコラム執筆等ヨガニードラの普及に努めている。

井上敦子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加