「真のボンバーだ」バイエルン戦の鎌田&長谷部の活躍が反響拡大! 伊メディアも激賞「中盤をひとりで支えた」

「真のボンバーだ」バイエルン戦の鎌田&長谷部の活躍が反響拡大! 伊メディアも激賞「中盤をひとりで支えた」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/21
No image

バイエルンからの金星奪取に貢献した長谷部(左)と鎌田。(C)Getty Images

世界王者であり、ブンデスリーガ首位チームの撃破に大きく貢献した日本人プレーヤーふたりに対して、国外からも賛辞が続々と寄せられている。

現地時間2月20日のブンデスリーガ第22節、フランクフルトはホームでバイエルンに2-1で勝利した。5連勝を飾った4位フランクフルトは、首位バイエルンとの勝点差を7ポイントに縮めている。

均衡を破ったのは、鎌田大地だった。前半12分、フィリップ・コスティッチの折り返しにゴール前で合わせて先制点を奪取。さらに31分、ラインぎりぎりで残したボールをアミン・ユーネスに合わせ、追加点をアシストした。

後半序盤にロベルト・レバンドフスキに1点を返されたフランクフルトだが、その後は逃げ切りに成功。鎌田は終了間際に交代した。なお、長谷部誠も先発フル出場で勝利に貢献している。
地元メディアから称賛された鎌田だが、賛辞を寄せたのはドイツ・メディアだけではない。イタリアのウェブサイト『TUTTOmercatoWEB』は、採点で及第点を上回る6.5点をつけ、「試合を通じて活発、真のボンバーらしいエリアへの侵入で均衡を破る」と、ゴールゲッターのような得点とたたえた。

鎌田だけではない。同メディアは、長谷部にも同じく6.5点をつけ、「彼の経験が見て分かる。中盤の要であり、ひとりで支えていた」と称賛している。

なお、6.5点はケビン・トラップ、マルティン・ヒンターエッガー、コスティッチと並ぶチーム2位タイの採点。フランクフルトのトップは、ナポリ在籍経験があるユーネスの7.5点だった。

絶対王者に7試合ぶりとなる黒星をつけたフランクフルトは、26日の次節で大迫勇也が所属するブレーメンと敵地で対戦する。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】鎌田が躍動! バイエルン守護神ノイアーの牙城を破る先制弾&アシストはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加