今晩のNY株の読み筋=米9月小売売上高に注目

今晩のNY株の読み筋=米9月小売売上高に注目

  • モーニングスター
  • 更新日:2020/10/16
No image

16日の米国株式市場は、米9月小売売上高が注目となる。市場予想の平均値は前月比0.7%増で、8月の同0.7%増から伸びが鈍化する見通し。このほか、米9月鉱工業生産は同0.5%増(8月は前月比0.4%増)、米10月ミシガン大学消費者マインド指数は80.5(9月は80.4)となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大を機に新たな生活スタイルが提唱される中、家具や自動車・カーパーツなどが売れ、小売売上高をサポートする傾向がある。今回9月は鈍化見通しも市場予想の想定内なら、主要3指数が3日続落しているだけに買い戻し機運につながる可能性がある。

このほか、欧米の新型コロナ感染拡大の動向、米追加経済対策、米大統領候補のバイデン氏の不正疑惑などに絡むニュースヘッドラインには注意したい。

<主な米経済指標・イベント>9月小売売上高、9月鉱工業生産・設備稼働率、10月ミシガン大学消費者マインド指数バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、シュルンベルジェ、ステート・ストリートなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

(イメージ写真提供:123RF)

有村 孝浩

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加