「成果としてJ2昇格を」 FC今治が始動 新加入選手らも参加して初練習【愛媛】

「成果としてJ2昇格を」 FC今治が始動 新加入選手らも参加して初練習【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/01/17

念願のJ2昇格に向けて、サッカー・FC今治が14日に始動。

新加入の選手も加わり、初日から熱のこもったトレーニングで汗を流しました。

今シーズンをスタートさせたFC今治。

13日の練習には新加入8人を含む23人の選手が参加しました。

岡田武史オーナーが見守る中、持久力のテストでコンディションを確認したほか、パス回しやテンポよく得点までつなげる練習などボールを使ったトレーニングも行いました。

昨シーズンは15チーム中11位で、今年こそ成し遂げたいJ2昇格。

入団4年目を迎える駒野友一選手のほか、今治市出身の高瀬太聖選手、近藤高虎選手など、昨シーズンからのメンバーに加え、J2・水戸から移籍し即戦力と期待されるDFの細川淳矢選手ら新加入選手も初日から熱のこもったプレーを見せていました。

FC今治・細川淳矢選手:

「誰よりもアグレッシブにやっている姿勢を見て欲しいのと、あと、できるだけの多くのサポーターをFC今治に巻き込んでいきたいなって思っています」

FC今治・橋川和晃監督:

「選手がすごくいいコンディションで帰って来てくれたのと、新しい選手が加わり、いい雰囲気で生き生きと選手がプレーしていたのが何より良かったなというふうに思っています。やっぱり成果としてJ2昇格っていうことを必ず達成したいなっていうふうに思っています」

FC今治は選手1人が新型コロナウイルスに感染しましたが、チーム内に濃厚接触者はいないということです。

3月の開幕に向けて2月12日から宮崎県でキャンプを行う予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加