わが子のためにこんな塾は選んではいけない! SAPIX、早稲アカ、日能、四谷大塚「四大塾」の特色

わが子のためにこんな塾は選んではいけない! SAPIX、早稲アカ、日能、四谷大塚「四大塾」の特色

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/02/25
No image

中学受験生の大半が進学塾に通って、入試に向けた準備をおこなう。どのような種類の中学受験塾が存在しているのか、わが子に合った塾はどこにあるのか、悩む保護者はぜひ参考にしてほしい。
計27年間中学受験の世界に身を置く作者、矢野耕平が受験で後悔しない方法を伝授。塾の新学期は2月から…『令和の受験 保護者のための参考書』で保護者も中学受験を“正しく”理解しよう。毎日連載>これまでの連載はこちら!

首都圏「四大塾」それぞれの特徴

中学受験塾にはさまざまなタイプがありますが、首都圏にはいわゆる「大手」と呼ばれる塾が幾つかあります。その中でも数多くの生徒数を抱えている4つの塾を「四大塾」と言い表します。この「四大塾」の特徴を簡単にまとめましょう。

No image

『SAPIX』公式ホームページより

SAPIX……難関レベルの学校に最も多く合格者を輩出する塾です。授業進度が比較的速いのが特徴的で、生徒たちにかなりの量の家庭学習を求めるスタイルです。また、SAPIXの中でも規模の大きな校舎になると、各学年15クラス以上の学力別クラス編成がなされているため、毎月のテストでのクラス昇降が激しい面もあります。

日能研……「シカクいアタマをマルくする。」のキャッチフレーズや、電車内の「入試問題付きの広告」は有名です。他の塾と比較すると、1クラス当たりの生徒数が多い傾向にあります。クラスの変動は2ヵ月ごとにおこなわれ、成績で席順が変わります。学習カリキュラムが緩やかなのも特徴的です。難関校から中堅レベルの学校まで幅広く合格者を輩出しています。

四谷大塚・早稲田アカデミーの特色とは?

四谷大塚…「予習シリーズ」というメインテキストがあり、このシステムやテストを取り入れた「四谷大塚の準拠塾」がたくさん存在します。「週テスト」と「月例テスト」を組み合わせて学習範囲の定着を随時確認しています。宿題の分量はやや少なく感じられます。大手予備校のひとつで衛星授業が有名な「東進ハイスクール」の運営会社であるナガセの一部門であり、東進ハイスクールのノウハウを活かした授業動画が充実しているのも特徴的です。

No image

早稲田アカデミーの公式ホームページより

早稲田アカデミー……四谷大塚の予習シリーズをメインに用いて指導します。体育会系気質の塾であり、「本気でやる子を育てる。」を教育理念に掲げています。その理念通り、厳しく熱い指導をおこなう講師が多いのが特徴です。宿題量はやや多いように感じます。1万2000人を集める夏期合宿は名物。オプション講座の1つである志望校別クラス「NN(何がなんでも)志望校別コース」は、自塾生のみならず他塾生も大勢受講しています。

大手塾以外にもいろいろな種類の中学受験塾が存在します。四谷大塚の教材に準拠した中小塾であったり、独自路線の色濃い塾もあったりします。また、「算数専門」「国語専門」といった1教科のみの指導に集中した個人塾も数多くあります。また、大手塾の「併用生」を対象にした個別指導塾も中学受験の盛んな地域にはたくさん存在します。

ちなみに、わたしの塾は2校舎あり、1つは「自由が丘駅」、もう1つは「三田駅」を最寄りとしています。特に「自由が丘駅」周辺は中学受験塾が林立しているレッドオーシャンと形容できるエリアです。本書の執筆を機に思い当たる自由が丘駅周辺の塾を声に出していったら、実に20を超える塾の名が挙がったくらいです。

良い塾・ダメな塾の見分け方

「良い塾」「ダメな塾」とは何か? これはなかなか明確に区別できることではありません。ここまで読んでくださった保護者は同意してくれることでしょう。塾とは結局はどんな講師に出会えるか? これが重要なのです。

No image

Photo by GettyImages

万人に受け容れられる塾はないですし、万人にとって悪い塾など存在しません。もし後者のタイプの塾があれば、とっくにその姿を消していることでしょう。

しかしながら、塾を選定する上でちょっとしたチェックポイントがあります。それらを5点にまとめ、それぞれに簡単な解説を付しておきましょう。

1.教育理念・指導方針・指導カリキュラムがちゃんと存在しているか

これらが明文化されていることが重要です。「教育理念」「指導理念」はその塾がどういう考えのもとで子どもたちを指導しているか、その「軸」をスタッフたちが共有できているかどうかが大切です。

中学受験生の大半は4科目の学習をおこないますし、その際に複数の講師が指導に当たることがほとんどです。講師によってバラバラなことを言っていたら、保護者も子も、どのように学習を進めていけばよいのか分からず、混乱してしまいます。

2.子どもたちが勉強に専心でき、かつ家庭をケアできる環境を整えているか

広い空間をパーティションやパネルでただ区切っているような塾は論外です。コロナ禍の対策云々ということだけではなく、隣の「教室」の声が丸聞こえのまま授業を受けても、なかなか集中できません。塾を見学する際は、内装がしっかりしているかどうかをチェックすることが大切です。内装に手間をかけていない塾は、子どもの学習環境構築より経費削減を優先してしまっている証です。

また、家庭へのケアが厚いかどうかも肝心です。講師がいろいろな校舎を回って指導するような塾は要注意です。担当講師と電話ですぐに話せたり、その日のうちに面談できたりする体制が整っている塾が良いでしょう。ここを面倒くさがるような塾は、そもそもサービス業として機能していません。

HPに生徒の写真が出ている塾は要注意!?

3.毎年安定した塾生数を保ち、幅広い学校の合格実績を有しているか

塾自体に魅力がなければ、塾生数は安定しないものです。塾の説明会や見学会の際に、その校舎の塾生数をチェックしましょう。また、どのエリアから通塾しているのかも細かに尋ねるべきです。子の性格次第で、同じ小学校の子がたくさん在籍していたほうが良いケースと、そうでないケースの両面があります。

No image

『日能研』公式ホームページより

そして、「合格実績」で見るべきところは、幅広いレベルの学校に合格しているかどうかです。難関校の数ばかりが目立つようであれば「強気」の受験指導をおこなう、裏返して言えば、「全敗」するような子が続出する塾である可能性も否めません。

加えて、大手塾の合格実績は何十、何百という校舎の「合算」です。通塾候補となるその校舎単独の結果を調べましょう。ここが公表できないのであれば、その校舎の中学入試結果は上手くいっていないと見て間違いないでしょう。

4.ホームページの更新は頻繁におこなわれているか

これは塾に限った話ではありません。3年前からホームページの更新がおこなわれていない塾があれば、正常に運営されているのか心配ですよね。

また、わたしの主観ではありますが、ウェブサイトで、合格体験記などに「講師と生徒がツーショットで写っている」画像を掲載しているような塾、画像処理がされておらず塾生の顔出しをおこなっているような塾には気をつけたほうが賢明です。生徒の個人情報に鈍感であるだけでなく、自塾のアピールばかりに目を向けたスタンスが透けて見えるからです。

「偏差値がこの短期間で〇〇伸びた!」などと謳う塾も疑ってかかったほうがよいでしょう。

塾講師に男性ばかりの塾に女の子はNG!?

5.事務の受付対応や料金受領などのシステムはちゃんとしているか

大手塾も含め「返金処理」のトラブルの話はよく耳にします。たとえば、「塾を辞めるのであれば、1ヵ月前の申告が必要である」などとしているケース。提供していないサービスの対価を顧客に求めるのは法的にもおかしいとされています。

No image

Photo by GettyImages

また、塾によっては事務スタッフがいないところがあります。そのようなところは講師が事務作業員を兼ねていて、指導になかなか専念できないところもあるようです。

これに付随する話ですが、塾講師は男性の占める割合が大変に高く、事務スタッフがいないと「全員男性」で構成される歪なことになってしまいかねません。このような塾に女の子を通塾させるのは避けたほうがよいでしょう。小学校高学年にもなれば、女の子の身体に男性では決して対処できない事態が生じることもあります。

続きは『チラシでよく見る「塾の合格実績」は本当か? 知っておきたいそのカラクリ』です!

▼『令和の中学受験 保護者のための参考書』はこちら!WEB連載では触れられなかった記事も満載です!

No image

第一章:中学受験向きの子、不向きな子

第二章:志望校の選び方

第三章:中学受験という世界

第四章:中学受験期の親子関係

終章:令和の中学受験

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加