ガーミンからドライバーのために開発されたレーシングコーチデバイス「Catalyst」が登場

ガーミンからドライバーのために開発されたレーシングコーチデバイス「Catalyst」が登場

  • @DIME
  • 更新日:2022/01/16
No image

ガーミン『Catalyst(カタリスト)』

Garminは、海外で先行発売し高評価を得ている、サーキット・トラックでのドライビングパフォーマンスを計測・分析し、パフォーマンスアップをサポートするデバイス『Catalyst(カタリスト)』を2022年1月20日(木)に発売する。

『Catalyst』は、あらゆるレベルのドライバーのために開発された業界初のレーシングコーチ・デバイス。世界中のサーキットコースを収録したトラックデータベースがあらかじめセットされており、コースごとにトラックドライビングのパフォーマンス分析ができる。

陸海空あらゆる条件で、精密なGPSデータを計測できるGarmin技術を活用し、コーナーリング走行やラップタイムなど詳細データを取得。

さらにこれらを分析することで、コーナーを曲がるときの最適なライン取りや他の走行データと比較した改善アドバイスを提案。

No image

また、革新的なTRUE OPTIMAL LAP技術により、各トラックセグメントでの最短時間と実際の走行ラインに基づいた目標ラップタイムも毎回表示し、ドライバーのパフォーマンス向上をリアルタイムとアフターセッションの両面でサポート。

サーキットコースは手動で追加が可能で、走行中のドライビングアドバイスはヘッドホンやBluetoothを経由したカーステレオでの音声ナビゲートも提供する。

本体デバイスは7インチの大きく鮮明なディスプレイを備えているので、走行後すぐにデバイスの大画面でデータを確認することが可能だ。

『Catalyst』は、海外で先行発売され、すでに多くのプロドライバー、ドライビングコーチやサポートスタッフが活用。高精密な計測と的確な分析、アドバイスは高い評価を得ており、この度満を持して日本での発売に至った。。

【製品概要】
製品名:『Catalyst(カタリスト)』
価格 : 150,000円(税込)
発売日: 2022年1月20日(木)

関連情報:https://www.garmin.co.jp/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加