シフィオンテク、イタリア国際4強入り アンドレスク下して26連勝

シフィオンテク、イタリア国際4強入り アンドレスク下して26連勝

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/05/14
No image

テニス、イタリア国際、女子シングルス準々決勝。ガッツポーズを見せるイガ・シフィオンテク(2022年5月13日撮影)。

【AFP=時事】テニス、イタリア国際は13日、女子シングルス準々決勝が行われ、大会第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)は7-6(7-2)、6-0でビアンカ・アンドレスク(カナダ)を下して準決勝に進出。連勝を26に伸ばした。

今大会で5大会連続の優勝を狙っているシフィオンテクは、準決勝で第3シードのアリーナ・サバレンカと対戦する。サバレンカはアマンダ・アニシモバ(米国)に4-6、6-3、6-2でフルセット勝ちした。

前週のマドリード・オープンを制した第9シードのオンス・ジャバー(チュニジア)は、第4シードのマリア・サッカリ(ギリシャ)を1-6、7-5、6-1で破って4強入り。

あと1ゲームで敗戦という状況から逆転したジャバーは次戦、ダリア・カサキナと顔を合わせる。カサキナは6-4、3-2としたところで対戦相手のジル・タイシュマン(スイス)が負傷棄権し、準決勝に駒を進めた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加