「アニーと呼んで!」アン・ハサウェイが呼び名の変更を懇願

「アニーと呼んで!」アン・ハサウェイが呼び名の変更を懇願

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/01/17
No image

映画『プラダを着た悪魔』や『プリティ・プリンセス』など数々の話題作に出演する女優のアン・ハサウェイ(38歳)。そんな彼女が1月12日(現地時間)、トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演し、自分の呼び名を変えてほしいと懇願!

関連記事:祝37歳!アン・ハサウェイのベスト出演映画14選

同番組の冒頭で、司会者のジミー・ファロンに「アン? アニー? どっちで呼べばいい?」と聞かれ、すかさず「アニーと呼んで」と答え、「私の名前について、ちょっと話してもいい?」と語り始めたアン。

「14歳のときに広告の仕事をして、映画俳優組合(SAG)のカードを手に入れたの。SAGから何と呼ばれるべきか尋ねられたとき、『私の名前はアン・ハサウェイです』と答えちゃって。そのときは正しい選択のように思えたけど、それ以降みんなが私を『アン』と呼ぶようになって、そんなことになるなんて思いもしなかったの」

「私のことを『アン』と呼ぶのは、母しかいないの。しかもそう呼ぶのは私を叱るときだけ。本当に激怒してるときだけね。だから誰かが私の名前を呼ぶたびに、私に怒っているのかと思ってしまうの。『アン!』と言われると、 『何⁉ 私が何をしたの⁉』っていうふうにね」

No image

自身の名前について、アンは意外な事実を告白。またハリウッド界では、実際に彼女のことを誰も「アン」とは呼んでいないことも明らかに。

「みんなとっても素敵なの。彼らは、無遠慮な態度はとりたくないと思っていて、撮影現場ではうまくいかなかったときの回避策を持っていると思う。だから、実際のところ誰も私のことを『アン』とは絶対に呼ばないの。似合わないしね。私はアニー」

さらに、「アニー」と呼ぶのには抵抗があるかもしれない人たちに向けての代案についてもコメント。

「『ミスH』と呼ぶ人たちもいるし、『ハス』と呼ぶ人たちもいるの。自由に呼んで。『アン』以外なら何でもいいから」

自分の呼び名について赤裸々に語ってくれたアン。これからは、親しみを込めて「アニー」と呼んでみたいかも♡

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加