静岡高、川端慶の逆転3ランをエース高須大雅守れず 4失点で逆転負け

静岡高、川端慶の逆転3ランをエース高須大雅守れず 4失点で逆転負け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

6回裏に自らの暴投で失点し、厳しい表情を見せる静岡・高須(左)

<高校野球春季静岡大会:掛川西5-4静岡>◇3日◇準決勝◇静岡市・草薙球場

静岡高は、3点リードを守れなかった。川端慶捕手(3年)が6回表、高校通算4号の逆転3ラン。4-1とした同裏、5回まで力投していた先発右腕の高須大雅投手(3年)が突然、乱れた。2者連続を含む3四球を与えて招いたピンチから、自らの2度の暴投に味方の失策も絡み、被安打なしで4失点。再逆転を許し、マウンドを降りた。

勝負どころでの「自滅」で、東海切符獲得に失敗。この日、7四死球に終わった高須は「フォームが崩れてしまい、腕が振れなかった。試合中に修正できなかったことが敗因」と、厳しい表情で振り返った。

それでも、4回に自己最速を更新する144キロを記録するなど、収穫もあった。「最初は良かったけど、それが続かなかった。悪くなった時の修正の仕方が課題」。プロ注目の長身エースは、夏までの“宿題”を手に、会場を後にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加