波多野結衣、滅多に着ない競泳水着に大満足 「フィット感すごくて胸が溢れそう...」

波多野結衣、滅多に着ない競泳水着に大満足 「フィット感すごくて胸が溢れそう...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/01/12
No image

セクシー女優が多数所属する芸能プロダクション「T-POWERS」所属の波多野結衣が、競泳水着ブランド『REALISE』とその姉妹ブランド『POOLSIDER』のコラボセッション撮影会に登場。しらべぇ取材班は、彼女に突撃し話を聞いてきた。

画像をもっと見る

■タイトな競泳水着で

No image

今回の撮影会を企画したのはイベント会社のLivridge。これまで主にボンテージランジェリーブランド「パルフェット」の衣装を使い、コスプレイヤーやモデルの撮影会を企画してきたが、今回は競泳水着ブランドとコラボ。

この日のイベントにタイトな競泳水着で登場した波多野も、前回の撮影会とは衣装がガラッと変わり、かわいい系の衣装からかっこいい系の衣装になっているのが印象的だ。

彼女も「今着てる水着は競泳水着感はないと言われたんですけど、素材はピチピチなので、泳いだら速く泳げるんじゃないかなって感じです(笑)。フィット感がすごくてお胸が溢れそうになってたのでファンの方も喜んでくれました」とコメントした。

関連記事:競泳水着姿のコスプレイヤーが約60人、謎の大祭「ぴちぱつ祭」がスゴかった

■ファンからも「かわいい」と反響

No image

普段、競泳水着を着る機会がないという波多野。撮影会で競泳水着を着ることも初めてだったようで「着られてよかったです。今後あるか分からないので、いい思い出になりました」とにっこり。

なお、波多野はツイッターに同様の衣装の自撮り写真をアップしており、イベントに来られなかったファンからは「今日も美しい」「水着素敵」「かわいい」「魅惑的」と絶賛の声が寄せられていた。

■画像ギャラリー

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

■「いろいろなことにチャレンジしたい」

No image

2020年の活動を振り返った際には「自粛があったりして仕事やイベントがあまりできなかった」とコメント。

そして、今年の抱負として「昨年よりももっといっぱい皆さんに会える機会を増やしていきたい。いろいろなことにチャレンジしたいです!」と意気込みも語ってくれた。

・合わせて読みたい→グラドル・松山まなか、競泳水着チャレンジで新たな扉を開いてしまう

(文/しらべぇ編集部・堀莉奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加