【THE MATCH】天心が「シン・ナスカワテンシン」と写真を投稿、リング上の左クロス”光線”ポーズはウルトラマンタロウか!?

【THE MATCH】天心が「シン・ナスカワテンシン」と写真を投稿、リング上の左クロス”光線”ポーズはウルトラマンタロウか!?

  • イーファイト
  • 更新日:2022/06/23
No image

那須川天心がリングコールでウルトラマンのスペシウム光線のポーズを見せた=19日東京ドーム

6月19日のTHE MATCHにて武尊に勝利した那須川天心が、昨日22日、自身のTwitterにリングコール時の写真を投稿。ウルトラマンのスペシウム光線ポーズだ。
リング上でコールを呼ばれたとき、天心は右手を横に伸ばし、ゆっくり平行に回しながら腕をクロスしスペシウム光線のポーズに。会場を大きく沸かせた。

【動画】那須川天心がリングコールで見せた、大きな動きからのスペシウム光線ポーズ!

那須川はウルトラマンが好きで、この武尊戦は3分で倒すつもりでやったという。19年に出演したラジオでは「自分の中のヒーローはウルトラマンなんです。ウルトラセブン、ウルトラマンタロウが好きです。タロウは格闘技が得意じゃないですか。いろいろな技を使っていて」と語っている。言われてみればこのポーズはウルトラマンのスペシウム光線とは反対の左クロス。左クロスといえば、ウルトラマンタロウのストリウム光線だ。右腕から回すポーズからもタロウと同じ。ただタロウの場合、左腕の拳の上に掌を乗せたクロスなので、もう一人の左クロス、ウルトラマンゼアスのスペシュッシュラ光線の可能性もある。次回インタビューで本人に聞いてみたいところだ。

ともあれこのウルトラマン意識が功を奏したか、1R目終盤に武尊からダウンを奪った。結果3Rを戦い判定になったがスピードで差をつけた。

このSNSの投稿に読者は「シン・ウルトラマン」という声や「意味があったスペシウム光線、鳥肌が立った」「まさにみんなのヒーロー」と多くのコメントが続いた。
そして「シン・ナスカワテンシンに期待」「第二章が楽しみ」という声も。
天心は今回でキックボクシングを卒業し、ボクシングで世界を目指す。これからも「シン・ナスカワテンシン」に期待だ。

▶︎次のページは【動画】那須川天心がリングコールで見せた、大きな動きからのスペシウム光線ポーズ!
【フォト&動画】那須川天心がリングコールで見せた、大きな動きからのスペシウム光線ポーズ!
▼フォト(写真はクリックで拡大)

No image
No image
No image

【動画】天心のスペシウム光線ポーズ!


💥 #THEMATCH2022
🚨 緊急決定‼️


今夜21時~ #ABEMA で世紀の一戦 #天心武尊 をノーカット無料放送✨📢

🗓6月20日(月)21:00~
📺視聴はコチラ ▷ https://t.co/ZJrwPE4eoB

※全試合視聴は #ABEMA PPV▷ https://t.co/wIKwlKLqua #那須川天心 @TeppenTenshin #武尊 @takerusegawa pic.twitter.com/migjM3yRLA
— RISE OFFICIAL (@RISE_2003)
June 20, 2022
from Twitter

◀︎この動画の記事へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加