日本代表が鎌田&三笘弾でアメリカに快勝! W杯前最後のテストマッチ連戦の初戦飾る《キリンチャレンジカップ 2022》

日本代表が鎌田&三笘弾でアメリカに快勝! W杯前最後のテストマッチ連戦の初戦飾る《キリンチャレンジカップ 2022》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/23
No image

日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦し、2-0で快勝した。

【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで残り2カ月を切った中、ドイツの地で本大会前最後のトレーニングキャンプを行っている日本代表。今回の欧州遠征ではアメリカ、エクアドル代表とアメリカ大陸の2カ国とのテストマッチに臨む。

本大会に向けた最終選考の場でもあるこの一戦に向け、森保一監督はGKに権田修一、4バックに酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太を起用。中盤では遠藤航、守田英正の2ボランチに、2列目は伊東純也、鎌田大地、久保建英。1トップに前田大然を据えた。

一方、同じくW杯出場国のアメリカは、キャプテンを務めるエースのプリシッチが負傷でメンバー外となったものの、デストやマッケニー、レイナといった欧州のビッグクラブでプレーする主力に、今季リーズで好調を維持するアダムス、アーロンソンがスタメンに名を連ねた。

立ち上がりからエンジン全開の日本は、開始1分にハーフウェイライン付近の右サイドでパスカットした伊東がそのままボックス付近まで運び、カットインから左足のシュートで最初の枠内シュートを放つ。

開始早々の先制点とはならなかったものの、引き続き守備では最前線の前田をスイッチに強度の高いプレーを継続する日本。その一方で、マイボール時はアスリート能力が高い相手の球際、切り替えのスピードに手を焼き、8分には高い位置で仕掛けたデストに久保が振り切られて好クロスを許す。だが、中央でフリーのフェレイラのヘディングシュートは枠の上を越えて事なきを得る。

以降はなかなかリズムを掴み切れないサムライブルーだが、開始直後から嵌っていた守備からビッグチャンスを創出。13分、前田のプレスでDFジマーマンパスミスを誘発し、久保が高い位置でカット。すかさずボックス内に走り込む鎌田にラストパスを通すが、鎌田がやや体勢を崩しながら放った右足シュートはGKターナーの好守に阻まれる。

それでも、徐々に攻守両面でリズムを掴み始めた日本はボックス付近でのコンビネーション、前田の積極的な動き出しで相手守備陣形を崩してのサイドからの速いグラウンダークロスで惜しい形を続けて作り出す。

すると、25分には相手陣内右のハーフスペースをドリブルで持ち上がった伊東が、カットインからのシュートを匂わせながら中央でサポートに入った守田に短く繋ぐ。ここで守田は冷静にボックス左でフリーの鎌田にボールを渡すと、絶好調のフランクフルトMFが右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ流し込んだ。当初、副審がオフサイドの旗を上げていたが、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが支持された。

リズムを掴み始めた時間帯にゴールを決め切る良い試合運びとなった日本は、これで落ち着くことなく以降も同じ戦いを継続。とりわけ、切り替えの局面では前田らの前線の動きに周囲が連動し、2ボランチが高い位置でボールを奪う場面が目立つ。

前半終盤にかけても主導権を握る森保監督率いるチームは、久保の直接FKや伊東の果敢な仕掛けでチャンスを創出した中、追加点を奪うまでには至らなかったが、序盤以降相手に思い通りの攻撃を許さず。優勢を維持したままハーフタイムを迎えることになった。

1点リードで試合を折り返した日本は、GK権田と酒井、前田を下げてGKシュミット・ダニエル、伊藤洋輝、町野修斗を投入。この交代で冨安が右サイドバック、伊藤が2センターバックの左に入った。

対するアメリカは4枚替えを敢行し、デストやレイナを下げてキャノンやサージェントらをピッチへ送り込んできた。

後半は立ち位置やビルドアップの局面での修正を施したアメリカにボールを持たれる立ち上がりとなるが、セットした守備で簡単に穴を空けない日本。攻撃では引き続き伊東の右サイドを起点に攻め手を窺う中、55分には遠藤の高い位置でのボール奪取からボックス右でパスを受けた伊東が右足を振り抜くが、このシュートはGKターナーのファインセーブに遭う。

以降は試合が膠着状態に陥る中、要所を締める守備でリードを保つ日本。65分には相手陣内右サイドで仕掛けた久保から逆サイドでフリーの鎌田へ良い形でボールが展開される。ここで果敢にカットインを仕掛けた鎌田は先制点と似た形から正確なシュートを枠の右隅へ飛ばすが、この試合で再三の好守を見せるGKターナーの牙城を再び破ることはできない。

この決定機直後の68分に日本ベンチは伊東と久保の両翼を下げて、堂安律、三笘薫を同時投入。アピールしたい2人のドリブラーは投入直後から果敢な仕掛けで局面を打開し、惜しいチャンスを作り出していく。

再三の決定機を作りながらも2点目が遠い日本は1点差のまま後半終盤の時間帯を迎える。81分には吉田の不用意な中央でのボールロストからボックス付近で仕掛けたアーロンソンにフィニッシュまで持ち込まれるが、ここはシュートが枠の右に外れる。

その後、鎌田に代えて原口元気を投入し、[5-4-1]で逃げ切り態勢に入った中、土壇場の88分には相手陣内左サイドでボールを持った三笘が得意の形でドリブルを仕掛けると、最後はボックス左でDF2枚の間を抜く見事な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、見事な個人技でほしかった2点目をもたらした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、アメリカを攻守両面で圧倒した日本が、W杯前最後のテストマッチ連戦の初戦を快勝で飾った。なお、エクアドル戦は27日に今回と同じデュッセルドルフ・アレーナで行われる。

日本代表 2-0 アメリカ代表

【日本】

鎌田大地(前25)

三笘薫(後43)

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加