Hinano、3rdシングルがアニメ「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」OPテーマ決定

Hinano、3rdシングルがアニメ「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」OPテーマ決定

  • もしもしにっぽん
  • 更新日:2022/11/25

4オクターブのハイトーンヴォイスを駆使する16歳の歌姫Hinanoが、3rdシングル「CHANGEMAKER」のリリースを発表した。発表と同時にCD特設サイトが公開、これまでの雰囲気とは異なり、楽曲の力強さに沿った新アー写がお披露目となった。

本楽曲は2023年1月7日よりTOKYO MXほかにて放送開始となるTVアニメ「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」(講談社『月刊ヤングマガジン』連載)のオープニング主題歌として決まったことも明かされ、今回の通常盤は特別仕様として、同アニメ作品による描き下ろしジャケットになることが決定。Hinanoは当時14歳の時に世界規模の歌姫オーディションでグランプリを獲得した後、梶浦由記プロデュースによる楽曲で2022年2月に劇場版アニメ『DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く-』の主題歌でデビューを飾り、現在放送中のTVアニメ『うちの師匠はしっぽがない』のED主題歌も担当しており、2期連続でTVアニメ主題歌を担当することとなった。3rdシングルの発売にあたり、Hinanoは「初のロック調の曲で仮歌を聞いた時にあまりにも難しく歌いきれるかな?って何度も思いましたが、自分の心と体を通して曲を感じ取ることによって、自分が歌いたいという気持ちに沿ったありのままに歌うことができました」と自身最高難易度に挑戦した楽曲の完成度に自信をのぞかせている。なお、3rdシングル「CHANGEMAKER」は初回限定盤・通常盤の2形態で、初回限定盤にはミュージックビデオほか、ジャケット撮影・ミュージックビデオ撮影のメイキング映像が収録される予定で、そこではアー写とは一転して等身大の16歳の素顔が垣間見ることができる。圧倒的な歌唱力を誇る彼女の歌声が、ロックサウンドと化学反応を起こすとどんな楽曲に仕上がるのか?唯一無二の歌声で新境地を切り開く16歳の活躍から目が離せない。

Hinanoコメント

この度、3枚目のシングル「CHANGEMAKER」をリリースさせて頂く事になりました。そして、TVアニメ『解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ』オープニング主題歌を担当させて頂きます!「CHANGEMAKER」は私のリリース曲の中でも初のロック調の曲で、仮歌を頂いた時にあまりにも難しく、私でこの曲を歌い切れるかな?と何度も思いました。でも、歌っていくにつれて自分の心と身体を通して曲を感じ取り、こういう風に歌いたいという気持ちが強くなって、ありのままに歌う事ができました。一曲聴いて満足できる歌にしたいという気持ちがあったので、ディレクターさんにキーの相談をしたりと、細かなこだわりもたくさん詰まっています!この曲を聴いて、少しでもみなさんの頑張るエネルギーになれば最高に嬉しいです!たくさんの方の心に届く曲になりますように。

MOSHI MOSHI NIPPON

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加